プロフィール

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスがイスラム国債を発行-イスラム国以外では初

2007年4月24日付けの日経新聞に、イギリスが、イスラム国以外では初めて、イスラム国債を発行するという記事が掲載されていました。イスラム債の発行では、イスラム国であるマレーシアが有名ですが、イスラム国以外でも、イスラム教徒向けの金融商品として、イスラム債に対する需要が非常に高まっているとのことです。

イスラム債は、利子の受領を禁じたり、一定の投資対象には投資することを禁じるなどの、イスラム教の教えに背かないようにするための仕組みが講じられている債券で、イスラム教に背かないことを保証するための監督者(イスラム教徒)も付けられます。単なる融資ではなく、売買の形態にしたり、リースの形態にするなどの工夫がされていますが、実際には、利付き債や割引債と機能面で大きく異なるところはないといえます。ただ、イスラム教の教えに背かないことが保証されているため、イスラム教徒にとっては安心して投資できる金融商品であり、社会的責任投資に似た発想があるといえるかもしれません。

イスラム債の需要が高まってきたのは、もちろん、中東諸国の発展が著しいからであり、イスラム国以外でのイスラム国債の発行は今回が初めてですが、イスラム社債は既に数多く発行されているそうです。

嶋田さんのブログ-医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法に、記載されていますが、中東を投資対象としたSPDR S&P Emerging Middle East and Africa ETFを購入することが可能となりました。ただ、嶋田さんもおっしゃっていますが、南アフリカに偏っているのが残念なところです。南アフリカに投資するファンドは既に幾つか発売されていますので、中東への投資割合を増やしてほしかったです。

アクティブファンドとしては、FMGからMiddle East North Africa (MENA)ファンドが発売されていますが、アクティブファンドなので、信託報酬が高いのが欠点です。

ネクストイレブンが、かなり無理に投資対象を選択したという印象を抱かせるのに比べれば、中東の方がずっと期待を持てるように思われます。個人的には、中国A株で得た投資利益を中東に振り向けたいと考えています。


スポンサーサイト

中国株式市場の推移 その1

A株に投資するETFであるXinhua A50 China Trackerのパフォーマンスが年150%を超えていますが、これまでのA株の値動きは冴えないものでした。

Financial services in China (China Knowledge Press)というテキストを参考にしながら、これまでのA株の値動きと中国本土株式市場の問題点について検討していきたいと思います。

A strong economy, a bearish market(強い経済、低迷する株式市場)
2003年度の中国のGDP成長率は9.1%、一人当たりGDP(GDP per capita)は、初めて1,000米ドルを突破しました。一人当たりGDPから判断すると成長余地はまだまだ残されているといえます。都市部に限れば、上海や北京では、3,000-5,000米ドル超のレベルまで達しています。

一部、過剰投資の懸念もありましたが、FDI(foreign direct investment=海外直接投資)の額も順調に伸びており、2006年度には、142億ドルに達しています。

これに反して、株価(Shanghai Composite Index:A株とB株の両方を含む。)は、2001年6月に最高値(2245)をつけた後、2006年半ばまで下落の一途を辿っていました。その結果、GDPと株価との間に著しい解離が生じることになり、もし、株価の低落要因がなくなって、株価が成長率を後追いする事態となれば、理論的には、5-7倍の株価の上昇が見込めるはずでした。従って、昨年半ばから今年にかけての上昇が仮に本物であるとすれば、さらなる上昇が長期的に見込めるはずです。他方で、昨年半ばから今年にかけての上昇が単なる一時的なリバウンド(temporary rebound)に過ぎないのであれば、今は売り時です。

"A strong economy but a bearish market. Who is responsible for China's ailing markets?(経済は好調だが、株式市場は不調。中国の冴えない株式市場の犯人は誰か?)"について検討していきます。

今日のイディオム
get the hang of something 取り扱いのこつがわかる







中国の株式時価総額予想

中国株式市場、2010年には約2兆ドル規模に=クレディスイス

The equity value of the Chinese mainland capital market will surge to 1.88 trillion US dollars by 2010, as more overseas-listed state-owned companies choose to go public at home, according to Credit Suisse, the world's leading financial service group.
中国本土外で上場している国有企業が自国で株式公開するにつれて、中国本土の株式市場の時価総額は、2010年までには、1.88兆ドルまで急増すると予想される。

The aggregated value of China's Renminbi-dominated A-share and
foreign-currency-dominated B-share markets stood at 630 billion U.S. dollars on Sept. 13. Credit Suisse's prediction means that the two markets' equity value will reach 50 percent of gross domestic output in 2010 as against 18 percent last year.
中国元建てA株と外貨建てB株市場の総額は、9月13日で、6,300億米ドルにになった。クレディスイスの予想は、昨年度は総国内生産高の18%であった両市場の株価が50%に達することを意味している。

Judging from the expansion of stock markets in Russia, the Republic of Korea and Thailand in the past two years, the forecast is conservative, said director Chen Changhua, a China watcher with Credit Suisse.
過去2年のロシア、韓国及びタイでの株式市場の急成長から判断すると、この予想は控えめである。

It's actually lower than the world average and that of most emerging countries," he added.
実際、この値は、世界平均および多くのエマージング諸国の値より低いものである。

-----------------------------------------------------------

*NYSEの時価総額が21兆ドルということなので、まだまだ成長の余地は大きいといえます。
http://www.toonippo.co.jp/news_hyakka/hyakka2006/1027_13.html

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。