プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブン銀行のATMでHSBC香港のキャッシュカードが使えました

HSBC香港の話題からしばらく遠ざかっていました。

金融危機によってシティバンクが苦境に陥っているため、HSBCは、世界中に支店網を有する銀行のなかで、日本人が付き合える数少ない銀行になってしまいました。

久しぶりに、郵便局のATMでHSBC香港のキャッシュカードを使用したところ、使用できませんでした。幾つかの郵便局で試してみたのに、全て使用できませんでした。

キャッシュカードに問題がある可能性があるので、HSBC Japanの本店(東京駅の八重洲口の近く)のATMで試してみたところ、お金を引き出すことができました。ということは、キャッシュカードに問題があるのではなく、郵便局のATMでお金を引き出すことはできなくなったということなのでしょうか?

しかし、いちいち東京駅まで行くのは手間がかかります。別の方法はないかと思案しましたが、HSBC Japanが、最近、プレミア店舗を展開していることを思い出し、プレミア店舗のATMで試してみたところ、お金を引き出すことができました。プレミア店舗は、銀座、広尾、赤坂、横浜、池袋、神戸などにあるので、少なくとも東京在住者にとっては、便利です。

ただ、プレミア店舗は東京以外の居住者には利用が困難なので、HSBC Japanのホームページ上に記載のあったセブン銀行でも、HSBC香港のキャッシュカードが使えるかどうか試してみたところ、使えました。HSBC Japanのホームページ上の情報は、あくまでも、HSBC Japanが発行したキャッシュカードをセブン銀行で使えると意味だと思っていましたが、HSBC香港発行のキャッシュカードも使えました。何事も思い込みは禁物のようです。
スポンサーサイト

英HSBCとHSBC香港の関係 その3

「英HSBCが倒産した場合に、香港のHSBCがどうなるのか?」という質問について検討しています。ここでいう英HSBCは、HSBC Holdings Plcの意味であると考えます。

HSBC Holdings PlcはHSBC香港の親会社ですが、事業会社ではなく、持株会社です。一般に、親会社倒産→子会社倒産というケースでは、「親会社=機械メーカー、子会社=機械の部品メーカー、親会社倒産→子会社連鎖倒産」というような事例を思い浮かべますが、持株会社は、自ら事業を行っているわけではなく、いわゆる本部機能を担っているだけなので、このようなケースとは全く異なるといえます。

HSBCグループの本部は、もともと、香港にあったのですが、英ミッドランド銀行の買収と香港の中国返還を機に、本部がロンドンに移りました。従って、世界中に広がるHSBCグループ傘下の子会社のなかでも、HSBC香港は中心的な地位を占めています。持株会社の主たる収益は子会社である事業会社からの配当金なので、最有力子会社であるHSBC香港の経営が悪化することによって、持株会社の収益が悪化するというのが一般に考えられるケースだと思います。また、仮にHSBC Holdings Plcの経営が悪化し、破綻したとしても、「親会社=機械メーカー、子会社=機械の部品メーカー、親会社倒産→子会社連鎖倒産」というような事例と同一視することはできないと思います。HSBC香港は子会社といっても、ハンセン指数の構成銘柄であり、発券銀行ですので、香港そのものといってよいからです。

HSBCは、フォーブスのグローバル企業ランキングで1位に選ばれましたし、サブプライム問題による損害も相対的に軽微といわれているので、今のところ、HSBCの倒産について心配する必要はないでしょう。金融不安が再燃すると様々なデマが飛び交いますが、普段から株価の推移を見て、正確な情報を収集するように努めていれば冷静に対処できるはずです。HSBC Holdingsの株価も、HSBC香港の株価も、ネットでチェックできますし、両社の株式を購入すれば、自分の資産チェックをするときに両社の株価の推移をチェックすることになります。

英HSBCとHSBC香港の関係 その2

「英HSBCが倒産した場合に、香港のHSBCがどうなるのか?」というコメントを、40代で早期リタイアしたおのさんからいただきました。40代で早期リタイアされた後に、金融危機を迎えたこともあるのでしょうが、おのさんは、かなり心配性な方のようです。色々な性格の方がおられ、少しは心配すべきだと忠告したくなるような人もいますし、心配性な方もいます。性格は生まれつきのものであり、自分で性格を治すことは困難ですが、知識が少ないまま、心配だけしていると悪質な業者につけこまれやすいので、注意が必要だと思います。

質問を一般化すれば、「A社が倒産した場合に、B社はどうなるのか?」ということですが、一般論としていえば、A社とB社の関係が深ければ、A社が倒産した場合に、B社が倒産する可能性が高いといえます。さらに、A社とB社の間に資本関係があれば、一般に、A社とB社の関係が深いといえます。A社とB社の間に資本関係があり、しかも、B社が取引、人材、信用などを全面的にA社に依存していれば、B社が倒産する可能性は非常に高いといえます。

「英HSBCが倒産した場合に、香港のHSBCがどうなるのか?」というご質問ですが、「HSBC香港の親会社であるHSBC Holdings Plc(=ロンドンにある)が倒産したら、HSBC香港も倒産する可能性が高いのか?」というご質問だと思います。HSBC Holdings Plcはいわゆる持株会社で、香港上海銀行(=HSBC香港)、英HSBC銀行などを傘下に収めています。従って、HSBC Holdings Plc(おのさんの質問にある英HSBCのことだと思われます。)とHSBC香港の間には資本関係がありますが、HSBC Holdings Plcは持株会社であり、実際に事業を行っているのは香港上海銀行(=HSBC香港)などの事業会社です。HSBC Holdings PlcとHSBC香港の間に資本関係があるといっても、HSBC Holdings Plcは持株会社であり、事業会社ではないので、親会社が事業会社であるケースとは異なります。

(続く)

英HSBCとHSBC香港の関係 その1

「英HSBCが倒産した場合に、香港のHSBCがどうなるのか?」というコメントをいただきました。40代で早期リタイアされている方の場合、金融資産が命綱なので、神経質にならざるを得ないでしょう。本ブログをお読みいただいている方には、40代で早期リタイアされた方が少なからずおられますが、早期リタイア後に、この金融危機を経験した方は運が悪いとしかいいようがありません。しかし、ポジティブに考えれば、このような危機を乗り切ることは大いに自信になるはずです。感情的にならずに、冷静に対処方法を考えていきたいと思います。

少し前に、米Citibankの財務状況について検討する一連の記事を本ブログにも掲載しましたが、その記事を書く際にネットを検索していると、「米Citibankが倒産した場合に、日本のシティーバンク銀行はどうなるのか?」という質問がありました。この質問も、いただいたコメントと同じような質問です。英HSBCと米Citibankの財務状況を比較すると、おそらく(確定的なことはいえませんが)後者の方が悪く、香港のHSBCに口座を開設している日本人より、日本のシティーバンク銀行に口座を開設している日本人の方が圧倒的に多いので、「米Citibankが倒産した場合に、日本のシティーバンク銀行はどうなるのか?」が気がかりな方が多いかと思います。

ネットに引用されていたシティーバンク銀行の回答は、シティーバンク銀行は独立した子会社であり、直接的な影響は少ないというものだったと思います。正確な回答はシティーバンク銀行に問い合わせれば分かるはずですが、このように回答するしかないのではないでしょうか?

親会社が倒産しても、理屈の上では、そのことが直ちに子会社の倒産を意味するわけではありませんが、実際問題としては、人材や取引、信用などを親会社に全面的に依存しているケースでは、親会社の倒産が直ちに子会社の倒産を意味するはずです。シティーバンク銀行の回答は、シティーバンク銀行が独立した子会社であれば(つまり、人材や取引、信用などを親会社に依存せずに、日本で独自の地位を築いているのであれば)、「直接的な影響は少ない」という意味だと思われます。但し、イメージの悪化やそれに伴う預金の引き出しその他の間接的な影響を加味すれば、どうなるか分からないし、少なくとも好材料でないことは確かでしょう。

難しいことを考えずにシティーバンク銀行やHSBC香港から預金を引き出せばよいという考え方もありますが、金融危機が起こるたびに預金を解約するのも手間ですし、他に安全なものがあるかも分かりません。一番すべきでないのは、「○○銀行は危ないですよ。」という言葉を真に受けて、××倶楽部へ入会したり、訳の分からない金融商品を購入したりすることでしょう。

(続く)

HSBC香港の口座開設に英語力が不要となりました

先週、投資仲間と飲み会をしたときに香港のFAから聞いたところによりますと、最近、HSBC香港の銀行口座開設には英語力が求められなくなったそうです。

関連記事:HSBC香港の口座開設に英語力が必要になる? その1

上記関連記事に記載されているように、おそらく、毎日何十人と日本人が観光客気分でロビーを占拠し写真を取ったりしながら口座開設するという風景にクレームがあったために、英語力がない人には口座開設を許可しないという取り扱いになったようです。2008年8月現在、この取り扱いが元に戻り、本人の英語力が必要ではなくなったということです。

ただ、いずれにしろ、長期投資をしていれば、何らかのトラブルが発生し、英語が必要になることはあります。口座開設の条件として英語力が不要になったとしても、全く英語が話せない、読めないという状態で海外口座を開設することは自重したほうがよいでしょう。

香港の銀行や証券会社から電話がかかってきた事例、あるいは自分から電話をかける必要があった事例は以下のとおりです。

・ネット通販でクレジットカードを利用した際に、暗証番号を誤って入力した場合-本人確認のために電話がかかってきました
・定期的なパスワード変更を怠っていた場合-パスワード変更を促す電話がかかってきました
・香港外のオフショアファンドを購入するために海外送金を行った場合-送金が完了したことを知らせる電話がかかってきました。
・一時的に停止された証券口座を再度使用できるようにするために暫定パスワードの発行を求めた場合-本人確認のために電話がかかってきました
・新たに発行されたクレジットカードをactivateするために電話をかける必要がありました-関連記事:HSBC香港から新しいクレジットカードが届きました

その他、担当者付きの口座にすれば、色々とやり取りが生じることがありますが、英会話を嫌がっていては担当者を付けた意味がなくなります。

また、土曜日の営業時間が短縮されたとも言っていました。これにより、土曜の午前便を使って土曜の午後に口座開設する方法が採れなくなりました。

営業時間やその他の規則は、本当によく変わるので、事前に確認することが必要です。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。