プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「定年うつ」について

「定年うつ」についての本を読みました。

一足先に早期リタイアされた相互リンク先の遊民さんに、定年後の自由時間の使い方についての質問がきたそうです。生涯現役を貫く少数の人を除けば、早期であるかどうかは別にして、いずれ定年という問題が訪れます。自分の場合には、家で仕事をしている自由業ということもあって、リタイアしても生活形態に大きな変化はないのですが、サラリーマンの場合には、生活形態にかなり大きな変化が生じることになります。都会のサラリーマンであれば、通勤がなくなることにより、それだけで2から3時間の自由時間が増えます。

うらやましいことではないかという感想とは裏腹に、増えすぎた自由時間を持て余してうつ状態になってしまう男性が少なくないということです。定年によって、人間関係や生きがいなどがまとめて奪われ、妻も相手にしてくれないので、怒りっぽくなり、ますます、奥さんから嫌われるというのがよくあるケースだそうです。

私が読んだ本には、「稼ぎがなくなった夫は奴隷以下だ。少なくとも奴隷は何かしてくれるが、夫は何もしない。」という趣旨のかなり厳しい言葉も紹介されていました。そこまで言わなくてもよいような気もしますが、「何もしないのに威張っている」状態を我慢できるのは、2-3年で、それを過ぎると、定年前から蓄積していた不満と相俟って爆発してしまうというのが真相のようです。

確かに、仕事が忙しいと、充実感もあります。そういう状態が急に喪失すると、目標を見失ってしまうのかもしれません。しかし、忙しい状態が自己目的化していることも多いのではないでしょうか?忙しい状態が目的なのであれば、忙しい理由は問題でないので、とにかく自分で忙しい状態を作ってしまえば、それで十分だともいえます。

そんな答えはふざけているというのであれば、仕事に代わる社会貢献をしたいということでしょうか?この場合、会社から離れた自分がどういう貢献ができるのか、予め考えておく必要があります。別の本で読んだところによると、定年直後の年齢層の男性は、管理職的な行動をしたがる割りに、パソコンの知識がないなど、あまり実用的には役に立たないと評されていることが多いそうです。逆に言うと、自分で手を動かすことを厭わない癖を着けておけば、重宝がられるということですね。

少子高齢化が進展すると、高齢者雇用が進み、定年そのものがなくなるという予想もありますが、そもそも、生産力としての人が経済成長に及ぼす割合は趨勢的に低下し続けているようですし、経済学者が考えているように、若年労働力が足りなくなったから、女性・高齢者・移民で即補えるわけではないはずです。定年うつの問題は、そう簡単にはなくならないでしょう。

自由という言葉の持つポジティブな響きとは裏腹に、あまりに自由が大きいと、人はそれを恐れてしまうのでしょうか?





スポンサーサイト

早期セミリタイア後の友

ネットの調子が悪くて、なかなか更新できませんでした。

早期セミリタイア後の一番の友ですが、コメントにもいただきましたように、それは、「図書館」です。本がたくさんあり、専門書ともなれば、本気で一冊通読しようとすると、一ヶ月以上かかります。従って、図書館にある自分の興味がもてる分野の本を読むだけで、何年も必要です。特に、自分の場合、文章ごとに立ち止まって考えるような読み方をする癖があり、本を読むのに時間がかかってしまいます。しかも、全て無料なので、早期セミリタイアした者にとっては助かります。

いずれにしろ、早期リタイアするかどうかは別にして、そろそろ、勉強するためのまとまった時間をとりたいと常々感じていました。仕事も10年以上続けるとどうしてもルーチンワークに陥る部分がでてくるので、このまま仕事を続けるより、勉強して知識を増やす方が有用だと考えていたからです。

定年になるとうつ病になる人も多いそうですが、そうならないためにも、自分が打ち込めることを自分で見つけておく必要があります。仕事には定年がありますし、多くの場合、他人が与えてくれるものなので、自分が打ち込めることを自分で見つけなければならないときがいずれ来ることを肝に銘じておく必要があると言えます。当たり前のことように思えても、日本人には苦手なことのようです。

月曜日-親の様子を見に行く(図書館は休館)。往復65kmの移動は、基本的に自転車(当然、無料です)とする。
火曜日-図書館で勉強する。
水曜日-日帰り旅行に出かける。
木曜日-図書館で勉強する。
金曜日-金曜日は映画が安いので、洋画を見て(字幕は見ない。)、リスニング力をアップさせる。
土日-嫁と過ごす(以前と変わりなし。)

結構、やることが多く、忙しいです。

一足お先に早期セミリタイアします

サブプライムの影響で今頃になって仕事が減少してきました。かねてより早期セミリタイアできればいいなと思っていたので、特に、仕事獲得のための営業はしない予定です。

現状ですが、家賃の支払いはなく、ローンもなく、子供もいないので、必要なお金は非常に少ないものです。しかし、ローンや家賃の支払いがあり、子供の教育費も支払わなければならないとなると、なかなか、早期セミリタイアには踏み切れないと思われます。

早期リタイアに関する情報は少ないので、ブログ上でも色々と議論が交わされているようですが、以前、相互リンク先のブログで「近所の人目は気にならないか?」という疑問が挙げられていました。日本人らしい疑問なのでしょうか?

個人的には、元々、自宅で仕事をしているので、近所の人目は全く気になりません。サラリーマンをしている人だと、急に出勤がない生活になると、近所の人目が気になるのでしょうか?失業者と間違われたり、犯罪者扱いされたりする可能性はあるのかもしれませんが、都会であれば、自分が気にするほど、他人は自分のことを気にしていないようにも思えます。初めて上京したときには、高校生が昼間から繁華街を歩いていることに違和感を感じましたが、今は感じなくなったように、都会には本当に色々な人がいるので、平日の昼間に成人男性がフラフラしていても特に違和感は感じないのではないでしょうか?

早期リタイアするためには、多くの場合、その前段階で他人と全く違う行動をする必要があるので、正直なところを言えば、他人が自分をどう思うかが気になる人は、そもそも早期リタイアできる段階にたどり着く可能性が低いと思います。逆に、早期リタイアできるような人は、他人が自分をどう思うかなどということは、あまり気にしていないはずだともいえます。

多くのケースでは、非自発的早期リタイアに追い込まれないように全力を尽くすのが先決だと感じます。



リタイアしない人

伯父の卒寿の祝いに行ってきました。卒寿というのは、90才の祝いのことです。ネット上の情報によると、90才まで生きる確率は、男が21%、女が44%だそうです。よく長生きリスクといわれますが、男性はともかく、女性は100才まで生きることを念頭において蓄財に励まなければ自己責任を問われるのでしょうか?なかなか大変なことになってきているようです。

伯父は90才になりましたが、現役の整形外科医です。まさに、リタイアしない人です。80才を超えてから手術をしているスライドも見せてもらいました。

20代の半ばで医師になったとすると、外科医一筋60数年ということになります。一つのことをこれだけ続けるというのは、それが何であれ、重みがあることです。立派だと思う反面、医療事故が怖いので、身内としては70年目くらいを目途にしてリタイアして欲しいと思っています。

やりがいと収入をともにもたらしてくれる仕事を持っている人は、早期リタイアしたいなどとは考えないのが普通なのかもしれません。収入もやりがいももたらしてくれない仕事を持っている人は、早期リタイアしたくてもできません。アメリカでは40代でリタイアするのが成功者の証などとよく言われますが、本当なのでしょうか?仮に40代でリタイアする成功者が多いとしても、そういう人のリタイアというのは、普通人のいうリタイアとは全く異なるものかもしれません。

私がイメージするのは晴耕雨読のような知的な活動を伴う自給自足的リタイア生活ですが、そのような生活を始めることですらなかなか難しくなっています。90才までただ生きるだけでも、自分にはしんどいように思われます。色々と考えさせられる一時ではありましたが、とても真似できそうにないということだけは確かなようです。長生きリスクを心配する人、早期リタイアをもくろむ人、生涯リタイアしない人、人生色々です。

本人は、日本最高齢の外科医を目指すそうです。内科医や精神科医は知っているが、外科医は少ないのではないかと言っていました。目標にできそうな高齢の外科医を知っているという方は教えてください。海外でもOKです。

早期リタイア後の贅沢な時間の使い方について考える その1

自宅のインターネットの接続状況が不安定で、ブログを更新することができませんでした。

海外自転車旅行についてのコメントをいただきました。ニュージーランドとオーストラリアの自転車旅行をされ、人生最高の旅行だったそうです。海外自転車旅行をした経験はありませんが、いつかしたいと思っています。人生最高の旅行だったというのは、オーバーな感想ではないのでしょうね。ニュージーランドの自然は非常にきれいだと聞いていますが、実際に自分の足で走ると、印象度もさらにアップしそうです。ツアー旅行にはあまり興味がないので、富士山一周や琵琶湖一周で体力をつけてから、海外自転車旅行には、ぜひ挑戦したいと思っています。

日本は島国なので、海外自転車旅行をするためには、飛行機又は船で輪行する必要がありますが、時間があるのなら、船で輪行したいです。仕事で十分な時間がないときには、船での移動に時間を割くことすら困難なので、船旅を楽しんだ後に、海外自転車旅行をさらに楽しめるというのは、非常に贅沢な時間の使い方であるように思います。

海外への船便では、韓国や台湾がメジャーですが、台湾便は休止状態のようです。船でのんびり旅行できる人が少ないのでしょうか?自転車も船も、移動手段としては、車や飛行機に押され気味ですが、自転車旅行派としては、自転車を分解せずに輪行できる船が移動手段として復権してくれることを強く願っています。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。