プロフィール

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッジファンドは打ち出の小槌か? その2

前回の記事に関して、実際にヘッジファンドに投資している方から貴重なコメントをいただきましたので、コメントを踏まえて、ヘッジファンド投資の現状をまとめてみます。

①破綻する確率が非常に高い
→全世界にある9000本のヘッジファンドのうち約1000本が破綻し、2000本が新たに生まれている(ファイナンシャルジャパン2007年1月号)

②投資ではなく投機になっているヘッジファンドが多い
→本来の意味の「ヘッジ」をしていない、あるいは、ヘッジしようとしても、ヘッジが効きにくくなっているというコメントをいただきました

③個別の破綻確率が非常に高いので、ヘッジファンドに投資したい場合には、ファンズ・オブ・ヘッジファンドに投資すべき
→ただ、個別のヘッジファンドが投機的商品なので、複数のヘッジファンドで運用しても、結局、投機になるのではないか?投機的商品を複数集めれば投資になるのか?

④かつてほどのパフォーマンスをあげられなくなっている
→破綻本などによく書かれている元本保証で15%の利回りは固いというのは、現在、あり得るのか?
→井の中の鯨になっている、あるいは、ヘッジファンド同士の争いになっている可能性が高い
→マンに10年近く投資している方から、「過去のグラフは忘れたほうがいいと思うようになりました」とのコメントをいただきました

⑤元本確保型ヘッジファンドは商品設計としておかしいという指摘があり、マン・インベストメント証券の社長(林氏)自身それを認めている
(ファイナンシャルジャパン2007年1月号p.37)
→本来、ヘッジコストをかけた商品に、さらに元本確保の保険をかけるのはおかしいのではないかという批判
→「ヘッジファンド投資は怖い」というイメージが残る日本人向けの商品(林氏)
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。