FC2ブログ

プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

独立して稼ぐ その2

金持ち父さんシリーズについてのコメントをいただきました。基本的に、金持ち父さんシリーズは自分で事業を起こすことが資産形成の早道だという視点が根本に存在しますので、起業について検討してみたいと思います。

海外投資をされている方には、相対的に、既に独立されている方の割合が多いと思いますが、独立することによって、収入を上げることができるのであれば、30代のうちに独立して資産を増やし、それを投資で運用した方が、早期リタイアの道をより確実に手にすることができるはずです。毎月100万円を積み立てることは、特殊な企業に勤めていなければ、30代のサラリーマンでは不可能ですが、起業してそれなりに成功を収めれば(公開にこぎつけるとかではなく、数人程度の人を雇って順調に利益を上げられるレベルに達すれば)、収入は年功序列ではありませんので、特段不可能な目標ということはありません。この場合、特に資産運用をしなくても、約8年で1億円の資産を手にすることが可能です。

年功序列ではないということは、まとまった資産を人生の早い段階で運用できるということに他なりませんので、長期投資で資産を増やすという観点からすると非常にメリットが大きいものです。

もう1つ、エコノミスト誌の巻頭言を書いておられる日垣隆氏が指摘されていましたが、1つの企業に依存しているサラリーマンより、複数の企業と取引できる自営業者の方がリスクは少ないと考えられます。もちろん、独立してやっていけるだけの実力がなければ話しにはならないのですが、必要以上に独立のリスクが過大評価されているために、独立する人が少なく、そのこと自体が有利な状況を作り出しているとおっしゃっています。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE