プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40代でのリタイアは「早期」リタイアなのか? その1

今年40代半ばでリタイアし、外国暮らしを始められたビットさんから「英語の訛りや現地語に慣れるための準備期間、現地の常識・非常識の理解、健康管理の観点から、現地に溶け込むためには40代半ばでも遅かったと感じています。私は充分な金銭的保証が無いとリタイアは無理だと思っていましたが、最近は「若さ」は「金」より価値があると日々痛感しています。」というコメントをいただきました。

実際に早期リタイアした方の体験談はまだまだ少ないので、モデルケースとして極めて貴重だと思います。

私自身も、40代半ばでのリタイアといえども、ある面では、「早期」といえないのではないかと常々感じていましたので、以下、若干の検討をしてみます。

①サラリーマン生活を20年以上勤めるのは苦痛である
40代半ばでのリタイアといえども、22歳で社会人を始めたとすれば、20年以上サラリーマン生活を続けることになります。リタイアという観点のみから見れば40代半ばでのリタイアは「早期」リタイアでしょうが、勤続年数という観点から見れば、20年以上もサラリーマンを勤めれば十分で、むしろ遅すぎるくらいであると感じます。人生80年時代ですし、グローバル化の進展も著しいので、生き方も自ずと変わってきて当然です。人生80年を、ざっくりと、4つに分けてしまえば、サラリーマン時代は20年程度で上等なのではないでしょうか?大都市圏の朝の満員電車は、とても人間の乗る乗り物ではないと感じている方は多いと思いますが、サラリーマン生活に伴う苦痛に目を向ければ、40代半ばでのリタイアを「早期」と考えるのは、一面的な見方にしか過ぎないのではないかと感じるようになりました。

(続く)
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。