プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション-いくらなら買うか その4

海外投資の話から逸れていますが、海外投資に重点を置いた資産運用をするのか、国内不動産に重点を置いた資産運用にするのかは、海外投資戦略の中で決定的な意味を持つと思われますので、もう少し国内不動産について検討したいと思います。

前回までの記事で、1,500万円程度の資産があれば、購入より賃貸の方が有利(=30年後に得られる資産が多い)であることを述べました。実際の計算では、更新料(賃貸派の支出)、修繕積立金、固定資産税、管理費(購入派の支出)など細かい項目についても検討することになるので、本質が見えにくくなるような気がします。以下、シンプルな比較によって、賃貸と購入の有利不利を検討したいと思います。

前提:
 賃貸派=家賃月額20万円
 購入派=5,000万円のマンションを購入
→山手線外の区内に3LDKを賃貸又は購入するケースを想定しています。居住地域によって差が生じる可能性があります。

①5,000万円の資金があり、購入派はマンションを即金で購入するケース
 賃貸派は、5,000万円を株式で30年間運用するので、5000万円の将来価値を享受できる。
 購入派は、5,000万円をマンションに投入するので、5000万円の将来価値を享受できない。購入派は、30年後に株価がゼロになる株式を購入したようなもの。
 賃貸派が支出した家賃7,200万円は、払い捨てなので、将来価値を享受的できない。
 購入派は家賃相当額を積み立てることができるので、7,200万円の将来価値を享受できる。

 結局、
 賃貸派は、5000万円の将来価値を享受できる。
 購入派は、7200万円の将来価値を享受できる。

 時間を考慮に入れると、購入派は、平均15年の価値を手に入れていることになる。

 賃貸派は、5000万円×30年の将来価値を享受できる。
 購入派は、7200万円×15年の将来価値を享受できる。

 よって、賃貸派が得といえる。

②頭金ゼロのケース
 頭金ゼロということは、所得水準が低いということなので、家賃20万円の賃貸マンションを借りたり、5000万円のローンを組むことは、現実問題として困難ですが、思考実験ですのでその点は無視することにします。

 賃貸派:将来価値は享受できない。
→運用する資産がないし、家賃は払い捨てなので将来価値は手にできない。

 購入派:将来価値は享受できない。
→本人が資産だと思っているマンションは30年後に資産価値がなくなるし、一括支払いの場合と異なり、積み立てができないので、結局、将来価値は手にできない。ただ、マンションの資産価値が残れば、購入派が有利になる。

 従って、「家賃と同額の支払いでマンションが残るからお得」という不動産屋の必殺トークは、「(あなたは貧乏父さんですよね。だったら、)家賃と同額の支払いでマンションが残るからお得」の(  )内の台詞を付け加えて理解すべきといえるのでしょう。金持ち父さんより、貧乏父さんの数のほうが多いのですから、必ずしも必殺トークが嘘というわけではないようです。

今日のイディオム
off duty 非番で





 

 





 
スポンサーサイト

<< マンション-いくらなら買うか その5 | ホーム | マンション-いくらなら買うか その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


騰落率など(バニラコーク4号 2007/1/26)

PALCOMさんのブログにマンション購入に関する記事が載っています。実は私も数年前に数千万円の住宅ローンを組んで家を建てたんですけど、何とこれは66歳まで返済が続くという恐ろしいものです。正直そんなに先のことなんて分からないし、来年あたり大インフレでも起きて数千


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。