FC2ブログ

プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ネットビジネスと著作権 その1

インターネットでビジネスをしたり、情報を発信したりする機会が増えるにつれて、他人の著作権を侵害する可能性が増えています。著作権侵害で訴えられるなど無用のトラブルを避けるため、著作権についての基礎知識をまとめてみました。

①著作物の定義
 「著作物」とは、思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。(著作権法2条1項1号)

②著作物の例示(著作権法10条1項)
 ・小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
 ・音楽の著作物
 ・絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
 ・地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
 ・映画の著作物
 ・写真の著作物
 ・プログラムの著作物
→例示なので、これらのみに限定されません

③著作物に該当しない場合(著作権法10条2項)
 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、言語の著作物に該当しない。
→「著作物」であるためには、創作性が必要

④著作物の公表(著作権法4条)
 著作物は、発行され、又は第22条から第25条までに規定する権利を有する者若しくはその許諾を得た者によって上演、演奏、上映、公衆送信、口述若しくは展示の方法で公衆に提示された場合において、公表されたものとする。
→「公衆」には、特定かつ多数の者が含まれます(著作権法第2条第5項)
→著作権の効力が制限されるためには、「公表された」著作物であることが要件となっている場合が多いです(「引用」の場合など)

⑤無方式主義(著作権法17条2項)
 著作者人格権及び著作権の享有には、いかなる方式の履行をも要しない。
→特許権などのように、審査もなければ、登録なども必要ではありません


スポンサーサイト



<< ネットビジネスと著作権 その2 | ホーム | マンション-いくらなら買うか その6 >>


コメント

著作権は戦術的な側面をもちます。

まず、著作権者が侵害と思い、権利を主張した場合でも法廷戦術で是非が分かれるのはご存知のとおり。

もうひとつ。権利を主張しようと思うかどうかは一にかかって著作権者にあります。
パブリシティを期待して黙認することもあれば、悪質と断じて権利を行使することもあるのはご存知の通り。

さて、では第三者がそれを判定できるのか?
権利者がパブリシティを期待していたとしたらどうか?

モデムの草の根通信の昔から、あちこちで炎上する事例をみておりますが、たいてい著作権論争は不毛ではありました。

コメントありがとうございます。

著作権侵害によって不利益を被るリスクを書き手本人が認識していれば問題はないのですが、その前提として、引用に該当するのかどうか、著作物に該当するのかどうか判断するための知識は持っておくべきだと思います。

その上で、権利行使はしてこないだろうとか、パブリシティを期待してむしろ権利者も頒布を望むだろうとか、書き手が判断すればよいことでしょう。その点はおっしゃるとおりだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


MLMインターネット3万人組織構築方法

MLMインターネット3万人組織構築方法● 伝える人をインターネットで無限に見つける方法● 思わずサインUPしてしまう究極のリクルート方法● 過去の友達に連絡しないでグループを作る方法● 組織を急激に拡大させるための確信的ノウハウ以上が実現できれば、確実に貴方


 BLOG TOP