プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節約する 車を売る その2

前回の記事では、節約の重要性を取り上げました。

節約は、①それ自体極めて効率的な運用方法といえる、②必要な生活防衛資金の額を下げる、という2点で特に重要といえます。

節約のなかで最も大きな効果が期待できるのが車を持たないことです。
トヨタカローラを新車で現金購入した場合、1年間の支出が50万円強という試算があります。駐車場代やローンの金利、修理代などがかかるとすれば、支出はさらに大きくなります。

従って、車を持たずに生活できれば、家計のバランスシートは劇的に改善されるはずです。

もちろん、節約は手段にしか過ぎないので、車を手放すことによってあまりにも不自由な生活を強いられるのであれば、本末転倒ですし、特殊なごく一部の人しか実践できないライフスタイルというのでは意味がありません。この点、首都圏や関西圏以外では、車なしで生活できないのではないかというコメントをいただきましたので、その当たりも考慮にいれながら検討していきたいと思います。

まず、自分の居住地域の地図を印刷して、自宅を中心に半径3kmの円を描きます。都市部の場合、自分が車で月に2度以上訪れるところや、主な官公庁を地図に記入していけば、概ねこの円内に収まるはずです。半径3kmの円は、自転車で無理なく(10-15分程度で)移動できる生活圏内です。ちなみに、首都圏で、新宿を中心とした半径5kmの円は、このようになります。かなり広いです。実際には、道は直線ではありませんので、半径3kmの円で考えておけば、無理なく続けられると思います(私自身続けています)。自転車での移動が中心になる場合には、よい自転車を購入しないと続きません。車の値段に比べれば無視できるほど安いので、自転車の購入代金については、けちらないほうがよいです。余談ですが、最近では、満員電車の回避や健康増進のために、自転車通勤をしている方も増えているそうで、この前、ニュースに紹介されていました。ニュースでは、目黒区の駒沢公園から千代田区の飯田橋まで約17kmを50分強で通勤している方などが登場していました。

3kmの円からはみ出す目的地ですが、本当に車で現地に行く必要があるか考え、必要がなければネット通販で購入しましょう。ノートパソコン、コピー機付きプリンター、自転車など、かさばる物は、何でもネットで購入しています。ASKULなどの通販を活用すればほとんどの生活品は揃うと思います。

もちろん、居住地域や個人的な事情により、車がなくてはならない場合も多いとは思いますので、誰にでもできると強弁する気はありませんが、反面、車を手放しても生活できるケースは極めて特殊な例だというわけではないはずです。現在の100万円は、30年後の800万円に相当します(利回り7%の場合)。最終的な決断は、現在の利便性と30年後の将来価値を天秤にかけた上で、各人が行えばよいのではないでしょうか?

今日のイディオム
grow out of something (大きくなって)着られなくなる、(成長して)しなくなる









スポンサーサイト

<< 中国A株-調整局面に突入か? | ホーム | 節約する 車を売る その1 >>


コメント

PALCOMさん。どうも!

私は今まで自動車を所有したことが有りません。
バイクは好きで所有していました。
自動車に比べれば、格段に出費を抑えることが出来ます。
地方都市で生活されている方は移動手段を下記の手順で選択する事ができると思います。
右に行けば行くほど経費が掛かります。
 
自転車→原付バイク→普通バイク→軽自動車→普通自動車→高級・大型自動車

自動車の域に達すると、趣味・趣向・快適性・見栄などの要素が多分に含まれています。
また首都圏では一家に一台という自動車が、地方都市では一人一台となるケースがあります。
バイクについては季節的条件や安全性も考慮に入れなければなりません。
自動車についても、交通事故の加害者となりうる可能性を秘めていますので、
その辺のリスクも考慮しなければならないでしょう。

自動車が必要不可欠な地域に生活されている方で且つ、節約をしたいと思っている方は
自動車を完全なる移動の足「手段」「経費」として割切る必要があるでしょう。
よって最適な選択としては軽自動車ということになるでしょう。
しかし地方都市で生活されている方はいろいろと言い訳をしながら
自動車購入の選択肢として趣味・趣向・快適性・見栄に重点を置くケースが多分にあります。
その辺の費用を投資に回せば、年間投資に回せる資金の額が変わってくると思います。

しかし、根本的な大前提としてどの都市に生活するかは本人が選択できるはずです。
便利な大都市圏に生活の拠点を構えるか、それとも多少の不便さも我慢して地方都市にするか。

大都市圏は便利だが、物価が高く、家賃も高い。自動車不要。(給料も高い?)
地方都市は不便だが、物価は安く、家賃も安い。自動車必要。(給料も安い?)

また、電車で1時間以上かけて通勤することが便利と感じるか?
自動車で30分で通勤する事を便利と感じるかは本人の考え方次第です。

私は今まで自動車を所有したことが有りません。
→自動車を所有しなければ、投資の種銭は貯まりやすくなりますね。

車を手放すというのは、種銭を貯めるための一つの選択肢にしか過ぎず、もちろん、生活環境や趣味・趣向によって、別の方法でもよいのですが、都市部在住の方で、手放せるのであれば、手放したほうがよいと思います。4-5万円/月という維持費は庶民にとっては大きすぎるので、無貯蓄世帯が増えている現状を見れば、車を手放す選択肢を検討すべき世帯は多いのではないでしょうか?

足として割り切るのであれば、軽自動車か中古自動車でよいと思いますが、「いろいろと言い訳をしながら
自動車購入の選択肢として趣味・趣向・快適性・見栄に重点を置くケースが多分にある」ように見受けられます。

月々の自動車の保険料を投信の積み立てに替える。
15万円のカーナビを止めて、1000HKDのファンドを買う。
そういう可能性は多分にあります。

自動車は年々価値が下がるが、ファンドは年々価値が上がる。
自動車が1km走るのにイニシャル・ランニングコスト、減価償却を考慮するといくらくらいになるのでしょう?
どこかにそんな統計があるでしょうか?

趣味・趣向は人それぞれなので何が何でも車を売るべきだというつもりは全くありませんが、将来の価値を考慮に入れると、車にお金をかけることは合理的でないと思います。

年々、価値が下がるものと、価値が上がるもの。長期間の後には、非常に大きな差になるはずです。

はじめまして

PALCOMさん今晩は。日々勉強させて頂いてます。「車を売る」は自分にとってタイムリーな話題です。東京在住で諸費用が月6万は出ていき、3月が車検です。車を売ってこの6万を他に回したら・・と毎日考えてました。
今売る方に傾いてまます。 失礼いたします。

ラプタさん、はじめまして。

生活に必要不可欠であったり、車が生きがいというのであれば売る必要はないと思いますが、「何となく」車を持っているという方は、売るという選択肢もありではないでしょうか?月数万円が浮けば、細かい節約は不要になりますし、なければないで何とかなるものです(経験からの実感です)。

対応コメント有難うございました。

私が住んでる都市は坂ばっかなのでチャリンコは無理ですねぇ。><
車両費がなくなると家計も大助かりなんですが仕方ありません。。

電動自転車

私の生活している中国蘇州では電動自転車なるものが庶民の生活の脚となっています。
値段は1500~3000元(24000~48000円)。
日本の物価に換算すると15~30万円に相当するでしょうか。
中国人にとってそれほど安い買い物では有りません。
(しかしほとんど同じ値段の携帯電話を皆ためらいもなく買う。不思議です。)

単純に自転車にバッテリーが付いたタイプから、完全にスクータータイプまで種類は豊富。
一回の充電で50kmほど走れるようです。スピードは30km/hほど出ます。
ナンバー登録、免許は不要です。

しかしブレーキが基本的に自転車なので、制御が甘く危険です。

電動アシスト自転車は日本にもありますです。
こんなのとか↓
http://www.aero-life.jp/product/

坂道がきついという方にはお奨めだそうで。

普及率が半端ではないのです。
また電動アシスト自転車ではなく、電動自転車です。
ペダルはバッテリー切れの時のみ利用します。
みなペダルは外して乗っています。

にじさん

確かに長崎とか神戸のように坂が多い町だと自転車は厳しいですね。何が何でも車を持たないというのも変ですし、別の節約方法を考えればよいのではないでしょうか。

MAT.Nさん、スマイリーさん
電動自転車の情報ありがとうございます。電動自転車だと坂道もきつくないですね。1人で自動車に乗っているケースが多いようなので、やはり、自動車だとコストパフォーマンスが悪いように思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


自転車(MTB)にしませんか?

節約の手段として車を売るというPALCOMさんの記事に強く共感したので、私の経験を踏まえて皆さんに自転車をお勧めします。私の主な交通手段は自転車です。運転が苦手なせいもあって車は持っていませんが、これまで不便を感じ


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。