プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法772条について その1

民法772条は、嫡出の推定について規定しています。婚姻関係にある男女の間に生まれた子供が嫡出子で、そうでない場合が非嫡出子です。

民法772条2項は、婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消・・・の日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する旨を定めており、1項は、婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する旨を定めています。この2段の推定規定により、離婚後300日以内に生まれた子は、前夫の子と推定されます。

ただ、離婚後300日以内に生まれたからといって、必ずしも、前夫の子であるとは限らず、前夫以外の男性との間にできた子であることも少なくありません。離婚協議が長引いて、正式に離婚していないカップルが、別の相手と生活をともにしている間に子供が生まれた場合などに起こりえます。

問題は、772条の推定を覆すことができるのは、法律上、夫(離婚のケースでは前夫)だけに限られており、出訴期間も短いことです(民法774条、777条)。

離婚が増大している現状下、民法772条及び774条の原則を貫くと、生物学的な父と法律上の父に齟齬が生じるケースが増えることになり、このことが大きな問題となっています。

(嫡出の推定)
第772条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する
2 婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

(嫡出の否認)
第774条 第772条の場合において、夫は、子が嫡出であることを否認することができる。

(嫡出否認の訴え)
第775条 前条の規定による否認権は、子又は親権を行う母に対する嫡出否認の訴えによって行う。親権を行う母がないときは、家庭裁判所は、特別代理人を選任しなければならない。
スポンサーサイト

<< 金融取引法-損失リスク表示義務が課される | ホーム | 年金の将来 その6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。