プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和製英語を撲滅しよう

日本人の英語力向上のための、英語第二公用語化計画は、計画発表後の激しい議論にもかかわらず、いまやすっかり忘れ去られた存在となっており、結局、日本人の英語力は全く向上していません。

ここで問題となっているのは、大学まで含めれば10年間も英語を勉強しているのに、一向に英語会話力の向上につながっていない現行の教育システムをどのように改善していくかということに過ぎません。それが、いつの間にか、日本文化の危機とか、母国語の大切さのような別次元の議論になっていくのは何故なのでしょうか?

日本人が英語を話すときに、思わぬミスにつながるのが和製英語です。サラリーマンのように逆輸入された和製英語もありますが、大半は現地で通じないので、早急に改めるようにすべきではないでしょうか?和製英語の場合、単語そのものは英語を使用しているので、日本文化云々という問題は生じないはずですし。和製英語の撲滅なら、英語第二公用語論より問題も少なく、今すぐにでも始められるアプローチといえるはずです。

車に関連する次のうち用語のうち、和製英語はいくつあるでしょうか?

①サイドブレーキ
②バックミラー
③トランク
④ドアミラー
⑤ウィンカー
⑥ハザードランプ
⑦マニュアル車
⑧シートベルト
⑨チャイルドシート
⑩ペーパードライバー

スポンサーサイト

<< 民法772条について その4 | ホーム | ブログを続ける >>


コメント

カタカナ外来語

PALCOMさん。

とある知人との会話で同じような話があり、
その方は毎日日記を付けていて、外来語(カタカナ英語)は全て英語で書くようです。
解らない時は辞書を引くようですが、辞書にのっていない和製英語がたくさんあると言っていました。

私も今後ブログでカタカナ外来語は英語で書こうかと思っています。
5月から開始します。

スマイリーさん

誤った和製英語はを正しい英語に覚えなおすのは二度手間なので、カタカナ外来語は、正しい英語で買いたほうがよいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。