プロフィール

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外証券口座のメリットが低下

相互リンクさせていただいている梅屋敷商店街のランダムウォーカーの記事(5/10付、5/16付)によりますと、楽天証券で取り扱っている海外ETFの種類が急速に充実しつつあるそうです。海外証券口座の大きなメリットは、海外ETFの品揃えが充実していることでしたので、日本の証券会社から海外ETFを購入できるとなると、海外証券会社に口座を開設するメリットは大きく低下することになります。

残るメリットとしては、手数料が安いことが挙げられますが、海外ETFを購入する際の手数料の差はせいぜい$20程度ですから、言葉や法律の差という大きなデメリットを負ってまで海外証券会社に口座を開設する必要性は少ないといえます。

その他、ベトナム株などを購入する目的でベトナムに証券口座を開設する方もいるようですが、単一の国の株式を購入するために海外証券口座を開設するのはもはや趣味の領域であるように感じられます。

また、本ブログでも折に触れて指摘しておりますように、資産保全目的で海外口座を開設することは、少なくとも庶民レベルでは全く意味がなく、リスクを増やすだけなので止めるべきだと思います。

以上より、現時点では、海外証券口座を開設するメリットがある方は、韓国株やタイ株など日本と海外で手数料に大きな差がある株式を購入したい方や、将来又は現在、海外で暮らす予定がある又は既に暮らしている方に限られると思います。海外で暮らす予定がある方にとっては、ポータビリティーのある海外証券口座は非常に有用ですし、税金面でも得をすることが少なからずあります。
スポンサーサイト

<< 現在完了形について | ホーム | ドバイ株投資完全マニュアルが発売されました >>


コメント

このブログの記事で楽天証券の海外ETFを知り、購入しました。買い付けの手数料も小額なので満足しています。楽天証券にはこれ以上手数料は下げなくていいので、この事業がずっと継続されることを希望します。
いい商品が売り止めになったり、いい会社が事業をやめてしまったりしないでほしいと思います。


「いい商品が売り止めになったり、いい会社が事業をやめてしまったりしないでほしいと思います。」というコメントをいただきましたが、本当にその通りだと思います。よい商品やサービスが提供されてもそれが継続されなくては意味がなく、特にインデックスファンドへ長期投資しようとしている場合、サービスの停止は非常に迷惑です。

日本人もこれまで投資経験がなかったため、インデックスファンドへの投資はいまいち一般的ではありませんが、投資の方法が分かれば、インデックスファンドへの投資も市民権を得るのではないでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


海外口座を開かない理由

海外の口座を開かずに、国内の証券会社を使うことに決めた理由を書いて行こうと思っていましたが、PALCOMの海外投資塾でほとんど言い尽くされています。私が考える最大のリスクは二つです。1. 口座を開いた証券会社が破綻した


なぜ海外で投資をするのか

乙は、最近はもっぱら Interactive Brokers で ETF を買っています。 海外の証券会社を利用しているわけですが、周りを見渡してみると、国内の金融機関経由で海外投資(海外への投資)をしている人は多いのですが、海外の金融機関経由で海外投資をしている人は少ないよう...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。