プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 100 Best stocks you can buy 2007を購入しました

近くの本屋に行ったので、投資コーナーを覗いてみました。

アメリカも、日本と同じで、デートレードやテクニカル分析の本がありましたが、日本に比べて、○○億円儲ける!というような題名の本は少ないようでした。よく探せばあるのかもしれませんが。

100 Best stocks you can buy 2007という本があったので、少し読んでみました。普段この種の銘柄推奨本は購入しないのですが、①外国株の推奨本は日本では手に入れづらいこと、②最初に総論的な記述があって、PERの高い株は購入するなとか、配当は重要だというようなアドバイスが為されていたこと、③選ばれている銘柄が大企業の割安株ばかりで、海外投資家が安心して投資できそうな銘柄ばかりであったこと、などの理由から購入しました。

Microsoft、Intel、Pfizer、Exxon Mobilなど、割安である可能性が高い銘柄が掲載されており、そのうち幾つかは既に個人的に購入しているものでした。

アメリカ株は、中国株に比べるとメジャーでないようですが、既に中国は割安ではないと思われますし、何といってもアメリカは世界経済の中心ですから、海外投資の対象としてアメリカを外すことはできません。

アメリカの個別企業についても、本ブログで検討していく予定です。
スポンサーサイト

<< 外国企業探訪-Abbott Laboratories(アメリカ) その1 | ホーム | Critical Thinking その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。