プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200万円を超える海外送金の報告義務その1

外為法の改正により、海外投資の事前許可が不要になった関係で、海外投資が活発化しています。もちろん、海外で得た利益についても、日本に居住している限り日本への納税義務はあるわけですが、海外にある資産については、税務調査権限が及ばない関係で税務当局が捕捉することは困難です。

そこで、海外投資で得た利益を捕捉するために考えられる方策としては、①日本から海外に資金を送金する段階での捕捉と、②海外で得た資金を日本に戻す段階での捕捉という2つの方策が考えられます。

①及び②の方策を実行するための法律が「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」という長い名前の法律で、「海外送金調書法」と略称されています。

この法律は、外為法の大改正に伴う海外投資の原則自由化に合わせて制定されたもので、諸外国にも同様の趣旨の法律があります。

次回以降、この法律に基づく海外送金の報告義務、「200万円」という金額を規定している法律上の根拠、諸外国との比較、名寄せ義務などについて見ていきたいと思います。

海外送金調書法の条文はこちら。
海外送金の報告義務について規定しているのは、第4条です。
http://www.ron.gr.jp/law/law/tax_chos.htm


スポンサーサイト

<< 200万円を超える海外送金の報告義務その2 | ホーム | 海外預金の報告義務 その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。