プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国企業探訪 Abbott Laboratories(アメリカ) その3

Abbott Laboratoriesは、治療用医薬品だけでなく、診断薬と医療用具の売り上げの割合も高く、"diversified health-care manufacturer"という評価を受けています。

医療用具で有望視されているのは、頸動脈(carotid artery)用のステントです。ステントとは、閉塞したり、細くなったりした血管を広げるための管で、冠動脈用のステントは広く使用されています。ステントは、全身麻酔に耐えられないなどの理由で手術ができない患者に対する代替療法として用いられていますが、ネットで調べた限りでは、頸動脈用のステントというのは、冠動脈(coronary artery)用のステントに比べてマイナーなようです。頸動脈用のステントに進出したアメリカ企業は、Abbottが2社目です。Clinical Trialにおいて、競合他社であるBoston Scientificの同種製品に比べて優位な結果が得られており、頸動脈用のステントが多用されるようになれば、好材料と言えます。このあたりの事情は、医師の方に聞かないと分かりませんので、ご存知の方がおられましたら、コメントをいただければ幸いです。

また、主力製品であるHumiraの売上の伸びも好調で、関節リウマチ以外の疾病についての承認も得られています。http://www.infoshop-japan.com/study/ur33189-generic-competition.htmlによれば、もう一つの主力商品であるTricorの特許が2009年に満了します。この点が懸念材料です。

Abbott Laboratoriesは、昨年度のRatingは高かったのですが、年末から今年にかけて株価が急上昇してしまい、現時点では割安ではありません。ただ、財務状態はよいですし、医療用具・医薬品・診断薬の売り上げバランスも取れているので、何らかの理由で不当に株価が下がったときには、購入するチャンスかもしれません。

なお、米国企業の財務データや定性分析に必要な情報ですが、Morningstarの会員用ページ(有料)に詳しく記載されています。著作権の問題があるため、有料ページのコンテンツは引用できませんので、本格的に米国株式に投資したい方は会員になられることをお勧めします。
スポンサーサイト

<< 最近破綻本を見かけません その1 | ホーム | 外国企業探訪 Abbott Laboratories(アメリカ) その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。