プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近破綻本を見かけません その2

破綻本の大きな問題点は、その論理に飛躍があることです。基本的な論理展開は、①日本は財政破綻する→②日本に財産を置いておくと財産が目減りする→③海外口座を開設して、海外ファンドを購入しよう、というものです。

まず、日本に財産を置いておくと財産が目減りするというのであれば、対策として、元本保証のない海外ファンドを薦めるというのはおかしいはずです。元本保証のある海外ファンドもありますが、それでも為替リスクはありますから、やはりリスクを伴います。日本が財政破綻すれば為替は円安になるから問題ないという論理なのかもしれませんが、少なくとも対ドルでは、彼らの主張しているほどの円安にはなっていません。

海外口座を開設することを勧める本もありましたが、海外ファンドを購入するだけなら、別に海外口座を開設するまでもなく、日本の銀行口座から送金すればよいだけですし、日本の銀行の信用リスクに問題があるというのであれば、日本の銀行の貸金庫に現金を入れておけばよいだけです。

また、破綻本は、○○年に日本が破綻するというような題名が多いのも、極めて問題が多いと思います。「○○年に日本が破綻する」という題名にするのは、出版サイドの意向もあるのだとは思いますが、あまりにも予想が外れ続けると、日本の財政事情が厳しいという事実を忘れさせて、破綻など起こらないと誤解させてしまうおそれがあります。安倍は防衛問題、庶民は年金問題を参院選の争点としているようですが、本来、根本的には全く解決していない財政問題及び消費税増税を主要な争点とすべきだと考えます。財政問題が解決していないにもかかわらず、解決したかのような錯覚を与えた一因が破綻本にあるのだとすれば、破綻本の責任は小さくないと思います。

また、破綻本に限らず、国も、増税をしないと財政がもたないとか、隣国が攻めてくるとか、教育改革をしないと国が滅びるなどと、因果関係も事実関係も定かでない脅しをかけてくるので、一人一人が論理的に思考する癖をつけ、冷静に対処することが必要です。
スポンサーサイト

<< Critical thinking その5 | ホーム | 最近破綻本を見かけません その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。