プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港資産運用奮闘記の石田さんから「ドバイ株投資完全マニュアル」が送られてきました

香港資産運用奮闘記の石田さんから、「ドバイ株投資完全マニュアル(Pan Rolling、石田和靖著)」が送られてきました。アパートの管理人から届け物があると言われて荷物室に行ったら、「ドバイ株投資完全マニュアル」が届いていました。わざわざアメリカまでお送りいただき、ありがとうございました。

私は、個別銘柄ではなく、本書の第3章に記載されているFMGのMENAファンドを購入する予定です。FMGは、エマージング関連に強く、FMGのロシアファンドを既に保有しています。

ドバイ株は、各種の指標から見て、まだ割安であるように思えますし、長期的な発展も期待できるので、中期投資でも、長期投資でもよいでしょう。

本書にも記載されていますように、アラブ諸国は民主化されていないのが一つのリスクですが、日本やアメリカのように民主化されている国でも本当に国民が自由意思でリーダーを選べているのか疑問ですので、成長の絶対的な阻害要因でなければさほど気にする必要はないのではないでしょうか?

金持ち国家という印象が強いサウジアラビアなどは1人当たりGDPはさほど高くなく、まだまだ上昇余地があります。もし長期的にGDPが成長していくのであればよい投資先になる可能性はあるでしょう。人口が少ないのが懸念されますが、20歳以下の割合が多く、人口増加率は年3%程度です。

日本から「ドバイ株投資」の本がアメリカの自宅に届きました。私が次にすることは、香港のアドバイザーにバミューダ籍のFMGファンドの申込書を送ってファンドを購入することです。投資の世界も随分国際的になったものです。

ドバイ株完全投資マニュアル

ドバイ株投資完全マニュアル ドバイ株投資完全マニュアル
石田和靖 (2007/06/14)
パンローリング

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

<< 外国株式の譲渡益に対する課税 その3 | ホーム | ETFの入門書を購入しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。