プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいクレジットカードの発行

HSBC香港発行のドル建てクレジットカードの有効期間の終了が近づいてきたので、新しいカードを送付してもらうことにしました。

自営業の場合、クレジットカードを申し込んで断られて、嫌な思いをすることがありますが、私も経験があります。Citibankに申し込んだのですが、独立後10年経過しているというような要件があったために断られました。HSBC香港の場合、非居住者は所定のguaranteeを積めば、クレジットカードを発行してもらえます。自国の銀行ではクレジットカードを発行してもらえないのに、他国の銀行ならクレジットカードを発行してもらえるというのも釈然としません。

新しいカードを送付してもらうに当り、HSBC香港に届け出ている住所(日本)と現住所(アメリカ)に齟齬があるのでどうしたらよいかを担当者に尋ねたところ、インターネットバンキングにログインして、Credit Card Centreに現住所に送るよう指示すればよいという返信をもらいました。ただ、事情を知っている担当者がいない場合には、届け出ている住所と異なる住所にクレジットカードを送ってくれるように頼んでも拒否されるかもしれません。日本の証券会社に口座を開設している場合に、何らかの理由で(非居住者の口座開設を認めていないなど)海外転出届けを出せないとすれば、同じような問題が起こる可能性はあるでしょう。

長い年月にわたって資産運用する場合、様々なトラブルが起こり得ますので、ある程度の資産を銀行に預けて専属の担当者をつけるのがよいと思います。



スポンサーサイト

<< NEPファンドは詐欺か? その1 | ホーム | ハリーポッターの翻訳者の居住国 その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。