プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近破綻本を見かけません その7

消費税増税によって、財政破綻を回避できるかどうかについて検討します。

まず、シミュレーションによって、財政破綻を回避できるかどうかを検討する前に、以下の基本的な事実を記載しておきます。

・消費税の1%増率は、2.5兆円の歳入増加をもたらす。
・日本の消費税率は、シンガポールや香港などの都市国家を除けば、先進国中で最低である。
・平成19年度の一般会計の歳入のうち、消費税は10.6兆円で、法人税、所得税がともに16兆円強である。
・公債金収入は25.4兆円で、所得税+消費税の額とほぼ等しい。

また、消費税増税によって、仮に財政破綻が回避できるとしても、それがベストな方法であるかどうかは別問題ですので、その点についても注意が必要です。

社会経済研究所のシミュレーションによりますと、本格的な内需促進策を実施せずに消費税増税だけで財政再建を行うケースでは、消費税率を2006年から2025年の20年にかけて1%ずつ、20%にまで引き上げます。これにより、2020年ごろに、国債残高対名目GDP比はピークに達した後、徐々に減少していきます。従って、消費税を20%まで増税すれば、国債残高の発散が防げるという意味において、財政破綻は防げます。
http://criepi.denken.or.jp/jp/serc/topics/chouki2-01.htmlより

ただ、問題は、「国民の生活水準を大幅に切り下げることなく」この政策を遂行できるかどうかです。このブログでは、国民の側から財政破綻を定義し直し、「国民の生活水準を著しく切り下げずに、プライマリーバランスを黒字化し、債務残高の対GDP比の発散を食い止められるか」という観点で財政破綻の有無を検討していますので、消費税を20%まで増税したときに、日本経済はどのような状態になり、それが国民の生活水準にどのような影響を及ぼすのかについて、別途、検討が必要となります。

(続く)



スポンサーサイト

<< 最近破綻本を見かけません その8 | ホーム | It's the economy, stupid >>


コメント

いつも拝見しています。
BOOM証券でWisdomTreeがいつもデイリーボリュームが0なので、メールで聞いてみたらfixedしていますのこと。どういう意味でしょうか。メールしてもBOOMからは返事がありません。

コメントの場所間違いました。スミマセン。回答いただければうれしいのですが。

これだけだと何がfixedされているのか、分かりませんね。購入することは可能なのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。