プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の一人当たりGDPが世界13位に

一人当たりGDPですが、昨今のユーロ高のためにヨーロッパ諸国が上位に入っています。

一人当たりGDP (ドル)
1 ルクセンブルク 79,214
2 ノルウェー 63,964
3 アイスランド 54,531
4 スイス      50,611
5 アイルランド 48,044
6 デンマーク 47,645
7 アメリカ      41,874
8 スウェーデン 39,567
9 オランダ 38,293
10 イギリス 37,366
11 オーストリア 37,218
12 フィンランド 36,792
13 日本 35,650
14 ベルギー 35,566
15 フランス 35,150

総務省統計局 世界の統計2007年
http://no-regret-life.seesaa.net/artice/48448280.htmlより

トップのルクセンブルクに至っては、今や日本の2倍を超えています。為替レートの変動によって順位も影響を受けるので過度な心配は必要ないかもしれませんが、同じユーロ加盟国でも相当な差が開いているので全てを為替レートのせいにするのも妥当でないように思われます。ドイツは上位15位にすら入っていません。

また、円の凋落傾向が長期的なものであるのなら、短期の為替レートの変動によるものだから心配ないともいえなくなります。いつの間にか、豪ドルレートは106円/豪ドルを超える円安になっています。

大きな財政赤字があるから、金利は上げられないと確信して海外投資をしている個人投資家が増えているのであれば、円安傾向は続かざるを得ないでしょう。
スポンサーサイト

<< リタイア後に何をするか? その2 | ホーム | 国民の義務について その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。