プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物作りは善 金融は悪なのか? その2

物作りを支えるための金融と、物作りをだめにする金融は明確に区別すべきだという話です。

ブルドックソースのケースでは、調達コストが高い株主資本ばかりで、しかもそれを有効に使っていなかったという問題があります。

野村證券の証券用語集によると、WACCとは、「企業全体の資本コストを算出する際に用いられるもの。株主資本コストと負債コストの加重平均。WACCに投下資本をかけると、資本コストが求められる。」

WACC = [rE × E/(D+E) ] + [rD×(1-T) × D/(D+E)]

 rE = 株主資本コスト
 rD = 負債コスト
  D =有利子負債の額
  E =株主資本の額
  T =実効税率

加重平均の項を無視しますと、

WACC=rE+rD×(1-T)と非常に簡略化できます。

企業が資金を負債の形で調達する場合、コストは金利(お金の借り賃)です。負債には節税効果がありますので、(1-T)をかけています。

企業が資金を株式の形で調達する場合、コストは負債の金利を上回ります。株主は、債権者より高いリスクを負担する以上、債券の金利を上回る金利を上乗せするように要求するからです。

他方で、安全性という観点から見ると、株式は負債を上回ります。負債は必ず元本と金利を支払わなければなりませんが、株式の場合、そのようなことはないからです。

まとめますと、
 ・負債による資金調達=コストが安い(金利が低く、節税効果がある)が、安全性が低い
 ・株式による資金調達=コストが高い、安全性が高い

従って、資金調達の全部が負債でも妥当でなく、その逆も妥当でないということになり、負債と株式の比率が最適となる点があることになります。個別の事情で最適な比率にならないことはあり得ますが、あまりにも最適値から外れている場合には、大きな問題が生じる可能性が高くなるはずです。

ところで、
 ・負債による資金調達=コストが安い、安全性が低い
 ・株式による資金調達=コストが高い、安全性が高い
従って、これを上手く組み合わせて、最適な資金調達を行うべきだという考え方は、個人が投資を行う際のアセットアロケーションと同じことであり、投資家の側ではなく、資本を調達する側から見た裏表の関係にあるといえます。

(続く)

 
スポンサーサイト

<< Wells Fargo銀行の普通預金口座を強制クローズされました | ホーム | 物作りは善 金融は悪なのか? その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。