プロフィール

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HSBC香港の口座開設に英語力が必要になる? その1

香港のFAからHSBC香港の口座開設について情報が送られてきましたので、お知らせします。

-----------------------------------------------------------

HSBC口座開設の最新情報をお送りします。

先週から英語力のない日本人はHSBCで口座開設を拒否される可能性が出てきました。

通訳と一緒か云々は関係なく本人の英語力です。

背景は毎日何十人と日本人が観光客気分でロビーを占拠し写真を取ったりしながら口座開設するという風景にクレームがあったものと思われます。

どの程度の英語力が要るのかの基準はなさそうですが(応対した係員の判断)、片言の英語を話すことは要求されると思います。

-----------------------------------------------------------

どの程度の英語力が要るのかは分からないようですが、口座開設の要件として、英語力が要求されるようになることは、顧客と銀行、双方にとってよいことなのではないかと思います。ホームページのFAQを見れば分かるレベルのこと(口座維持手数料が免除される預金額など)をくどくど質問する方もいるのですが、英語が全く読めない、話せないという段階で海外口座を開設しても、顧客・銀行側ともに不幸な状態になるだけです。英語力が要求されるといっても、大したものではなく、口座を開設したいとか、投資もしたいとか、小切手を振り出したいので当座預金に資金を移動してくれとか、その程度のことを片言の英語でもよいので言えればよいと思います。

今後は、①本人が英語を話せるようになるか、②ファイナンシャルアドバイザーをつけるか、③海外口座の開設はしないか、いずれかにすべきだと思います。



スポンサーサイト

<< HSBC香港の口座開設に英語力が必要になる? その2 | ホーム | 国民の義務について その4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。