プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読まずに書評-5年後にお金持ちになる海外投資

乙川乙彦の投資日記に「5年後にお金持ちになる海外投資」(前田和彦著、フォレスト出版)の書評が書かれていました。

私自身は、この本は読んでいませんが、同じ著者の別の本(借金国家から身を守る方法)を読んだことはあります。

まず、根本的な疑問として、著者はプライベートバンカーという触れ込みですが、そもそも、そのような職業の人が本を書いて大々的に名前を売り込むという行為をするのかどうか大いに疑問です。既存優良顧客からの口コミなどで新規顧客を見つけるのが通常のはずですし、名前を売ってしまったら、「プライベート」なバンカーとはいえなくなります。

第二に、本の題名ですが、各種書評によると、同著は主にプライベートバンクについて述べているので、読者は既にお金持ちになっている
はずで、「5年後にお金持ちになる」という題名はふさわしくないように思います。

第三に、この種の本は、Aは駄目、Bは駄目、Cは駄目、でも私の紹介するサービスや商品ならOKという論理展開にするしかないわけですが、書評によれば、他の商品が駄目だという結論を導く論理が全くいいかげんです。著者は、(プライベートバンクでない)通常の海外口座の場合、口座開設を仲介するブローカーが死んだら終わりだから駄目だと主張していますが、ブローカーの生死に関わらず、海外口座開設後は自分で口座を管理するに決まっています。また、「一般口座の場合、自ら銀行の窓口に行って手続きをするのが基本です。香港ドルを米ドルに両替したいなら、窓口に行き、書類で申請するなどの決まった手順を踏んだうえで、手続きをしなければなりません。【中略】しかも、窓口には日本語が話せるスタッフは用意されていませんから、言葉の壁もあります。」(乙川乙彦の投資日記より引用)とのことですが、インターネットバンキングがありますから、窓口に行って手続きしないのが基本です。一体、いつの時代の知識なのでしょうか?

結論から言えば、一般市民はプライベートバンクのことは知らなくてもよいですし、別にうらやましがるほどのものでもないと思います。むしろ、お金はあるが、海外投資や語学の知識がないという中途半端な存在の人(単なる成金)がプライベートバンク(本当にプライベートバンクなのか怪しい場合も多いでしょう。)を使用すると、脱税その他のトラブルに巻き込まれかねず、危ないのではないかと考えます。
スポンサーサイト

<< Proshares Ultrashort S&P 500を購入しました その3 | ホーム | 複線的な人生にする >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この本を立ち読みしましたが

「一般口座の場合、自ら銀行の窓口に行って手続きをするのが基本です。香港ドルを米ドルに両替したいなら、窓口に行き、書類で申請するなどの決まった手順を踏んだうえで、手続きをしなければなりません。【中略】しかも、窓口には日本語が話せるスタッフは用意されていませんから、言葉の壁もあります。」

この表現で、一冊全てが台無しです。

「セキュリティデバイスがよく故障する」とか「ネットが繋がりにくい」とかにした方が支持されたはずなのに、残念な書き方です。

著者よりも出版社の内容をチェックする担当者のセンスが足りないと思います。

『5年後にお金持ちになる資産運用』の方を最近よみました。相場に左右されないため、資産を円、ドル、ユーロに3等分すべきで、かつ、円転はしないと書かれていました。意味がさっぱりわかりませんでした。日本人でかつ国内永住者の場合、どのようなメリット、利益があるのでしょうか?わかる方がいれば教えていただきたいと思います。

札幌の不動産屋日記さん

この表現で、一冊全てが台無しです。
→おっしゃるとおりですね。

「一般口座の場合、自ら銀行の窓口に行って手続きをするのが基本です。」
→全くのでたらめです。

一般口座に対するプライベートバンクの優位性を主張したかったのでしょうが、そもそも、両者は同じ土俵に乗せて比較すべきものなのでしょうか?

ぷーさん
円転しないというのは、海外に移住する暮らしを視野に入れろということでしょうか?原著を読まずに書評を書いてしまったので、よく分かりませんが、海外生活を勧める章があるようですので、そうなのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。