プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Proshares Ultrashort S&P 500を購入しました その3

各国金融機関による資金供給にも関わらず、相変わらず株価は値を下げ、円は各国通貨に対して独歩高になっています。

ProsharesのUltrashortシリーズは、株価の逆数の2倍に連動して動くETFです。世界各国の株価の相関性が強くなっており、分散効果が低くなっている現在、このようなファンドを購入するしか、ポートフォリオを安定させることはできないようになってきています。特に、アメリカが震源地の場合には、どの国の株価も下落せざるを得ませんので、特にその傾向が強いです。

海外口座を使用して投資されている場合、信用取引口座を開設するのは面倒であることが多いですし、そもそも信用取引を主目的とした株式投資は望ましくありません。その点、Ultrashortシリーズは、通常の証券口座を開設するだけで購入できるので便利です。

この種のファンドは、決してポートフォリオの主役にすべきファンドではありませんが、資産があまりに急激に減少すると主観的なリスク許容度を超えてしまい、不合理な取引をしてしまいかねません。

他のファンドが全て値を下げるなかで、一つでも暴騰しているファンドがあれば気持ちが落ち着きます。

株式市場の調子がいいときは、キャッシュポジションは投資効率を下げるとか、FXで為替差益も、スワップ金利も両方いただくなど、威勢のいい言葉が聞かれますが、やはり、相場が下がるときのことを常に年頭においてキャッシュポジションを持っておくほうがよいと思います。

投資において最も重要なのは、主観的リスク許容度といえます。
スポンサーサイト

<< スペリオル湖に行ってきました | ホーム | 本を読まずに書評-5年後にお金持ちになる海外投資 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

海外生活ご苦労様です。海外生活を始めると、好むと好まざるとに関わらず、海外投資が必要になってきますが、海外生活者向けの海外投資情報は以外に少ないのではないかと思います。

今後とも、ご愛読ください。

ヘッジとして

<他のファンドが全て値を下げるなかで、一つでも暴騰しているファンドがあれば気持ちが落ち着きます。

私もまさにそう思います。
マルチストラテジーヘッジファンドはポートフォリオの一部に組み入れていますが、Ultrashortシリーズを私もポートフォリオに組み込んでみたいと考えています。

海外生活者向けの海外投資情報

PALCOMさま
海外生活者向けの海外投資情報

おっしゃるとおりで、
海外生活者向けの海外投資情報は少ないと思います。
例えば、ほとんどの私の周りの友人は、
お金が少し貯まると日本に送金することを
繰り返しています。
私も為替リスクをとって韓国の定期預金5%をとるか、
ウォン高と思える今のうちに日本に送金するか、
そのくらいの発想しかありませんでした。
こちらのH.P.を読むことで、
視野を広げることができました。
ありがとうございます。

ミルフィーユさん
暴落時は、主観的な面が重要ですね。運用資産が増えてきたり、あるいは退職後の資産運用であったりすると、平常心を保つことが困難になってきます。別にショートで儲けようというわけではなく、気持ちを落ち着かせるのに有効だと思います。

akyuさん
海外に住んでいる方であれば、香港で資産運用する意味がでてきますが、まだ、そのような方法を採用している方の割合は少ないようです。海外投資も、海外移住と絡めなければ妙味は少ないです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。