プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リタイア後に何をするか その3 大学院に行く

このブログでも、リタイア後に何をするか、という問題を折に触れて考えていますが、自分の興味のある分野を勉強するために大学院に行くというのは、非常に有意義なことではないかと思います。

もちろん、大学院に行くためには授業料その他のお金がかかりますので、お金の心配をしなくてもよいだけの資産や収入があることが前提となりますが、ファイナンシャルディペンデンスを達成していれば、その心配もありません。

個人的には、大学院で会計、法律を勉強した後、東北公益文科大学で勉強しようかと考えています。授業の内容は、公監査、憲法、政策評価、国際関係、公益法人論などです。

現在まで小中高で12年、大学・大学院で10年の学生生活を送っているので、さらに2-3個の大学院に行くとなると、人生の中で合計30年近く学生生活を送ることになりますが、それもまたよいのではないかと思っています。

色々と日本の現状を考えていると、国民が政治家や官僚を監視する法的な権限が足りないことが根本的な問題の1つではないかと思えてきました。このような権限を国民に与えることができれば、各種の問題も根本的に解決するはずです。

「地元に利益誘導するだけの下らない政治家を選ぶ→官僚がやりたい放題→財政赤字が増える→増税で穴埋め→景気が悪化→公共事業を要求する→地元に利益誘導するだけの下らない政治家を選ぶ」というサイクルをどこかで止める必要があります。
スポンサーサイト

<< サブプライム問題その後 | ホーム | 消費税増税は止めるべき その3 >>


コメント

手動拍手、1票。 大学院いいですね。人生の目標が
再構築できます。

拍手拍手拍手。
私も残り少ない健康寿命をいかに有意義に生きるかが
人生の最大のテーマです。
今は人生を楽しんでいますが、40代半ばを過ぎ記銘力の低下は悲惨であり、何とか使える言語を習得する事に必死です。
社会的意義のある人生としては、日本の政治家・官僚オブズマンはとても魅力的だと思います。
ただその場合再度日本の居住者に成らないといけないのでしょうか?

青三さん
まさしく、人生の目標が再構築できますね。ただ、蓄財するだけでは人生の意味が見出しませんので、有意義にお金を使っていきたいと思います。

ビットさん
オンブズマンを一種の参政権と考えれば、選挙権と同じく、居住国ではなく国籍によって付与されるのではないかと思います。もっとも、選挙権の行使と異なり、実際には外国にいながらオンブズマン活動に参加することは難しいかもしれません。

利益誘導や官製談合といった問題を、きちんと監視して抑止&
見つかれば厳罰という仕組みができるといいですよね。

こうした現象そのものへの対応でなく、「温床である公共事業の削減」
という風に流れる昨今の風潮には大きな危惧を覚えます。

「温床である公共事業の削減」という風に流れる昨今の風潮は、よくないですね。このような風潮に同調する国民が多いのもよくないことです。警察官の不祥事が多発したら、警察を廃止するのでしょうか?

利益誘導や官製談合を監視していく仕組みを作らなければ、いくら公共事業を削減しても、公共事業以外に利益をむさぼることができる種(福祉事業や年金など)を見つけるだけだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。