プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭だんらん法 その1

ホワイトカラー・エグゼンプションが、家庭だんらん法という名称の法律で、法律案として国会に提出することがもくろまれているようです。制度の中身が反対されたのですから、法律の名称を変更しても意味がないと思われますが、経団連からの要請があって、どうしても通したいのでしょうか?

ホワイトカラー・エグゼンプションの対象になるべき部課長などは、本法律が制定されるかどうかとは関係なく、既に残業代は出ないわけですから、ホワイトカラー・エグゼンプションの本当の目的がサービス残業の一般的な合法化にあることは明白です。

舛添厚労相の主張する、「残業代が出なくなったら、早く家に帰るだろう。」という意見ですが、この意見が正当化されるためには、「深夜まで残業している労働者の多くは、残業代を稼ぐために残業している。」というエビデンス(立法事実)が必要です。しかし、残業が多いのは、新卒採用の抑制や業務の高度化などによって、一人当たりの仕事量が異様に増えていることが最も大きな原因であるといえるでしょうから、そもそも、舛添氏の主張を支えるエビデンスは存在しないことになります。この状況下で、残業代をなくせば、サービス残業が合法化されることは明らかです。一人当たりの仕事量が増加していることが残業の原因であるとすれば、家族のだんらんを促進するという立法目的を達成するためには、当然のことながら、残業そのものを抑制する法律を制定すべきです。

もう1つ、このブログでも以前に検討しましたが、舛添氏は、日本人の労働生産性の低さと絡めて、家庭だんらん法を正当化しようとする主張もしています。ホワイトカラー・エグゼンプションがまともに発音できなかった安倍と違って、舛添は頭はよいので、サラリーマンも理論武装する必要があります。この点については、別途、検討したいと思います。

いずれにしろ、自民党は、参院だけでなく、衆院の過半数もいらないようです。




スポンサーサイト

<< 家庭だんらん法 その2 | ホーム | ダイエットに挑戦する その2 >>


コメント

残業代の掛け率

PALCOMさん。どうも!

まず残業代の掛け率を法律で上げるべきです。
中国の場合は下記の通り。

平日残業 1.5倍
土日残業 2.0倍
祝日残業 3.0倍

まず、経営者が社員に残業をさせることが
経営上損失が大きいという事を法制化しなければいけません。

>日本人の労働生産性の低さ

これは仕事が分業化されていないからです。
まず長い間、終身雇用が当たり前とされてきたので
日本では会社と正式に雇用契約を結ぶという習慣がありません。

この雇用契約には、労働条件、職務内容、契約期間などが書面上記載されます。
今後日本の労働者も
「これは私の仕事ではない」
「この仕事は契約外の仕事だ」
とはっきり物言う労働者になるべきです。

不便さを許容する社会でないと無理

皆が定時に帰宅できるようにするためには、社会全体のコンセンサスが、かつての西欧のようにある程度の不便さを許容しないと無理です。
今のように店は24時間やっていてくれ、サービスは短時間でやってくれ、それでいて自分だけ(あるいは旦那だけ)は定時で帰宅できる、なんて矛盾した社会が成り立つわけがないんです。

残業代の掛け率ですが、ニューヨーク州の場合、週40時間を超える部分についてのみ1.5倍です。日本も中国も羨ましい。しかも残業がつくのは時間給の人のみで、サラリーベースの勤務者は、何時間働こうが、何日出勤しようが一切の残業はなし。

とまあ、昨夜遅くまで残りながらふと周りを見回すと、残っているのは日本人のみ。もちろんみんなアメリカナイズされている人たちばかり。
どうも会社に残りたがるのは、日本人の遺伝子レベルの問題かもしれませんね(笑)

スマイリーさん
企業の本当の目的は、残業代を減らして、かつ長時間労働してもらうことでしょう。長時間労働を減らすことそのものは、どうでもよいことだと思われるので、残業代を増やすとか、労働効率を上げるとかいう発想は出てこないと思われます。

カルロスさん
長時間労働の要因の1つとして、サービス業の24時間化が挙げられることは確かだと思います。顧客として便利になることは、反面、労働者として長時間労働を甘受しなければならないことを意味しています。どちらを選択するかということですが、24時間化がどうしても必要な業種以外は、24時間化にこだわる必要はないのではないでしょうか?コンビニのフランチャイズ契約には、24時間オープンしなければならないという条項が入っているようですが。

Nobuさん
既にホワイトカラーエグゼンプションが採用されている国で、なお残業しているのは日本人ばかりというのは、残業代の支払いを廃止しても、長時間労働は改まらないというエビデンスになりますね。アメリカナイズされている人たちが多いのに残業しているというのは、付き合い残業ではなく、会社にいないと落ち着かないということなのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。