プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分散投資vs.集中投資 その1

相互リンク先のブログで、分散投資と集中投資について議論されています。

貯金生活。投資生活。:「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー:
 「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問に対する個人的な答え(その1)
 「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という素朴な疑問に対する個人的な答え(その2)

「分散投資で金持ちになった人は本当にいるのか?」という問いは、集中投資派からの問いかけで、そのような人は実際にはいないから、分散投資より集中投資すべきという主張と同義といえます。

分散投資と集中投資のどちらがよいかというのは永遠のテーマですが、ポイントを整理せずに議論を進めていることが多いので、議論がかみ合っていないことが少なくありません。

①リスクで調整したリターンは、分散投資が集中投資を上回るか?

分散投資派は、この点について、risk adjusted returnは、分散投資が集中投資を上回るので、分散投資が有利だと主張します。

②リスクで調整しないリターンは、集中投資が分散投資を上回るか?

集中投資派は、この点について、分散投資のリターンの絶対値(non risk adjusted return)は集中投資を大幅に下回るので、集中投資が有利だと主張します。

①の観点からは分散投資が有利で、②の観点からは集中投資が有利であることは、両方の立場ともに大きな異論はないはずです。

従って、議論の根本は、①の観点と②の観点のうち、どちらの観点から投資手法の優劣を決めるべきかということになります。

(続く)
スポンサーサイト

<< サブプライム問題その後 その2-three digit fall | ホーム | ダイエットに挑戦する その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。