プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム問題その後 その2-three digit fall

サブプライム問題も嵐が過ぎ去ったかのように思われていますが、現状を見ると、なかなか厳しいものがあります。

今日のNewsは、Dowが三桁の下落(three digit fall)であったことを報じていました。目先の株価に一喜一憂する必要はありませんが、むしろ、ここまでの株価の上昇が異常であった可能性が高いでしょう。

朝日新聞に、サブプライム問題の続報記事が記載されていましたが、概ね、マスコミは、下落時に大騒ぎする割には、一旦事態が小康状態になると全くといってよいほどその問題に触れなくなります。911テロのときにも、アフガン情勢とタリバンについて連日連夜報道していましたが、アフガン問題は解決していないにもかかわらず、いつの間にか全くニュースに登場しなくなりました。

サブプライム問題については、デトロイトのニュース記事が現状をよく伝えてくれます。

Detroit must head off home crisis

デトロイトは、もともと、自動車工業の斜陽化に伴って景気が悪く、失業率が高かったにもかかわらず、安易にローンで住宅を購入させたために他州に比べて問題が深刻化しています。

foreclosure(差し押さえ)、repo(延滞による差し押さえ)collateral(担保物件)、abandoned house(空き家)などの用語が頻出するので、この機会に覚えておくとよいでしょう。

公的にローンを肩代わりしようとしても、資産状況が悪すぎるので、肩代わりの条件を満たさないことが多いようです。

実体経済への影響については、Newsweekの記事に記載されています。
The New Money Pit

スポンサーサイト

<< 分散投資vs.集中投資 その2 | ホーム | 分散投資vs.集中投資 その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。