プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40代での早期リタイアは難しいか? その1

早期リタイア(このブログでは40代までのリタイアを想定しています。)を目指すために投資を始めたという方も多いと思いますが、早期リタイア後の生活をきっちりイメージしておかないと仕事を辞めてから後悔することになるのではないでしょうか?特に、まだまだ、早期リタイアした人の絶対数は少ないので、具体的なイメージを描くことは難しいのが現実です。

サラリーマンが早期リタイアした後に注意しなければならないのは、毎月の給料が入ってこなくなるということです。当たり前のことではあるのですが、失業や脱サラの経験がない方の場合、毎月定額の給料が入ってくることの本当の有難みというのは、なかなか分からないと思います。

さらに、サラリーマンが会社から得ている恩恵というのは、毎月定額の給料を得られるというだけではありません。家賃の補助、税金(給与所得控除は非常に大きい。)、交通費、社会的信用など、有形無形を問わず非常にたくさんあります。

仕事による収入を、自分という資産から得られる収益と考えれば、サラリーマンというのは、リスク・リターンのバランスがとれた投資方法と考えることができるはずです。

早期リタイアという選択肢は、この投資方法を捨てて、全く別の投資方法に切り替えるわけですから、その損得についてきっちり考えておく必要があります。

40代で早期リタイアすることが現実的かどうか、またそのための条件などについて考えていきたいと思います。

(続く)

スポンサーサイト

<< 消費税増税は止めるべき その5 | ホーム | 消費税増税は止めるべき その4 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

手動拍手一票! 続編を期待しています。
最近、会社がどんどん居辛くなってきています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。