プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米Eトレード証券がピンチ

米Bloombergに、アナリストが米Eトレード証券の破綻可能性を示唆したという記事が掲載されていましたので、ご紹介しておきます。
→アナリストの1つの見方に過ぎませんので、記事本文の他、その他の記事もよく読んだ上で、冷静にご対処ください。

詳しくはこちら
E*Trade Shares Fall; Analyst Says Bankruptcy Possible

飛ばしをしていた山一證券は論外としても、南米への巨額融資で倒産しかけたシティバンクなど、金融機関自体がリスク管理できていないのでは、個人投資家が自分の資産をいくらリスク管理しても意味がなく、全く困ったものです。

スポンサーサイト

<< 証券優遇税制について その1 | ホーム | 予想は当らない その1 >>


コメント

あるとすれば、日本Eトレード証券にどのような影響があるのでしょう?

同日のニュースで、日本のイートレは、名称借りのライセンス更新せず、SBI証券になります。影響はほとんどなし。チャールズ・シュワブ東京海上証券も、DLJもなくなってしまったし、メリルリンチは、山一の支店網が今や2店舗のみで、1億円以上しか相手にしないし、日本にはなぜか外資の証券会社は根付かないですね。

以前にも、海外証券会社のメリットが低下したという記事に対して、「海外証券会社は破綻した場合の対応がよく分からないので使用しない」というコメントをいただきましたが、破綻時の対応に自信がない方や、対応に割く時間がもったいない方は海外証券会社を利用すべきでないといえそうです。

おのさん
青三さんのご回答どおりのようです。Wikipediaにも、2008年にイートレという商号を使用しなくなる予定だと記載されていました。

青三さん
ご回答ありがとうございました。メリルリンチも、鳴り物入りで乗り込んできたのですが、全く根付きませんでした。日本の金融機関に対して不満がないのであれば分かりますが、不満があるのに根付かないのは何故なのでしょうか?

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


アメリカの E*TRADE が破綻?

PALCOM さんのブログ記事で知りました。 http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-377.html アメリカの E*TRADE が破綻する可能性があるとのことです。 乙は、アメリカの E*TRADE とも取引があるため、無関心ではいられませんでした。 そこにリンクされている http:/


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。