プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INVESCO Gilt Fundについて

Invesco Gilt Fundについてご質問をいただきました。

基本的なことは目論見書(prospectus)などに記載されていますが、英語なので理解しずらいかもしれません。

まず、各種国債の英語での呼び名について覚えておきましょう。

米国債 Treasury
 満期1年以下の米国債 Treasury bill
 満期10年以内の米国債 Treasury notes
 満期10年超の米国債 Tresury bonds
日本国債 JGB
英国債 Gilt
ドイツ国債 Bunds

従って、Gilt Fundは、英国債に投資するファンドであるということが分かります。

Class AとClass Bの差ですが、目論見書の113ページに記載されていますように、Class Bの場合には、ファンドの取得(acquisition)時に、initial chargeは不要です。但し、購入から4年以内に解約(redeem)する場合には、償還金(redemption proceeds)からcontingent deferred sales charge(後払い販売手数料)が差し引かれます。従って、長期間保有するのであれば、Class Bの方が得であるといえます。詳細は、Full Prospectusに記載されていると書かれています。

QDISTとは、Quarterly Distribution(四半期ごとに分配)するということです。ちなみに、毎月分配はMDISTです。

CashとUnitの差ですが、分配をCashで行うか、Unit数の増加で行うかということです。Unitを選んだほうが投資効率は上がります。

このファンドの通貨は、GBPと記載されています。購入できなかったとのことですが、Defaultの引き落とし口座はGBP savings accountになるはずです。GBP savings accountに残高はありましたでしょうか?また、HKD savings account又はHKD current accountを引き落とし口座として選択することも可能です。
スポンサーサイト

<< 日本でも購入できる優れものの海外投資商品 | ホーム | 財政破綻と海外口座 その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。