プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのラジオ その1

日本人である限り、日本の政治に最も大きな影響を受けるので、日本政治の記事が多くなってしまいますが、せっかく、アメリカにいるので、アメリカのラジオ番組で流れている記事についても折に触れてご紹介していきたいと思います。

・ボーナスが5年ぶりに下落したそうです。
サブプライム問題のおかげで、ボーナスの金額が大きな金融部門のボーナス額が大幅に下がり、2002年から5年ぶりにボーナス支給額が下落しました。サブプライム問題そのものは、本来、不動産のごく一部のセクターの問題のはずなのですが、大きな広がりを見せています。サブプライム問題は長引くと予想されるので、今更じたばたしても意味がありませんが、過去を振り返って、この問題の深刻さを正しく予想していた雑誌や評論家を特定しておくとよいと思います。

・戦費の支出をめぐって議会が紛糾
イラク戦争が泥沼化するにつれて、莫大な戦費が支出されています。月1兆円ともいわれる税金が湯水のように使われているそうなので、アメリカ人もブッシュに対して切れかかっています。イラクの現場からは、戦争の遂行のために人材とお金をもっと支出しろという要望が出されていますが、さらなる戦費の支出は国内の世論が許さないという状態になっています。退役軍人を中心に徴兵制度を復活させろという意見が主張されていますが、政治的にそのような主張が通るわけもなく、イラク戦争が早期に終結することは難しそうです。リーダーの頭が悪いと、国民が大きな被害を受けるという見本です。

・ベビーブーマーの退職が医療制度を直撃
ベビーブーマー(日本でいう団塊の世代)の退職が医療制度を直撃するのではないかと懸念されています。懸念は当るでしょう。アメリカは皆保険ではないですが、高齢者向けの医療保険制度はあります。従って、ベビーブーマーが医療保険適齢期に差し掛かることによって、医療費が増大することになります。


スポンサーサイト

<< ついに円高がやってきた | ホーム | 株式投資の品格 >>


コメント

ハハハ 浅井はともかく たしかに藤巻氏や若林氏にはこの円高と今後をどう考えるのか是非訊いてみたいですね。
サブプライムは寝耳に水だったし、展開が読みにくいイベントですから弱気観測が優先する地合でしょうね。
でも一方トレンドフォロー型には絶好の環境到来といえるでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。