プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HSBC Indian Equityの累積リターンが2171%に

日米ともに、株価の動きは冴えないですが、インドの株価は、相変わらず上昇の一途を辿っています。

HSBC Indian Equityは、1996年3月1日に設定されたファンドですが、設定日以来の累積リターンが2171%になりました。11年9ヶ月ほどで、22.71倍に資産が増えたことになります。ベンチマークに対しても大きく勝ち越しており、人気のファンドなので、HSBC香港に口座を持っている方であれば、このファンドに投資していることが多いと思います。

私もこのファンドは購入しており、記録もつけているので、およその値動きは把握しています。ここ3年ほどで最も安かったのは、基準価額が48.85で、2007年12月現在の基準価額が約237ですので、3年で5倍弱の増加ということになります。

エマージング株式には、成長の罠などもあり、また、値動きも激しいので、安易な集中投資は禁物ですが、逆に、リスク許容度の範囲内であり、それぞれのマーケットのリスクを把握できているのであれば、自己の判断である程度まとまったお金を投資することにより、大きな果実を得ることが可能です。DINKSなど、リスク許容度が大きい投資家で、300-500万円を余裕資金として集中投資できるのなら、このファンドへの投資だけで、早期リタイアに必要な資金を得られたことになります。

参考までに、これまでのリターンを記載しますと、以下のようになります。
 3ヶ月-30.8%
 1年-73.8%
 3年-280.1%
 5年-900.0%
 設定来-2171.0%

車や新築マンションなど、減価する一方の品物に投資するのを止めて、成長するセクターや国に投資した方が数段ましといえるでしょう。
スポンサーサイト

<< リスク許容度を上げる | ホーム | 日米英で不動産バブル同時崩壊か? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。