プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フローの元本保証とストックの元本保証

表面的には色々な意見が出ますが、結局のところ、多くの日本人の本音は、元本保証の人生を歩みたいということだと思います。ただ、元本保証というのはリターンが少ないということですので、元本保証の人生を歩むのであれば、貧乏な人生を歩むことになります。元本保証の人生で、且つ以前のようなリターンを得たいという願望も根強いようですが、高度成長が終わった以上、それは無理だといわざるを得ません。

元本保証の預金で、高いリターンを得るためには、銀行はそれ以上の利率で貸し付けなければならず、銀行から資金を借り入れた企業はそれ以上の儲けをあげなければなりません。今の経済状況でそれが可能なのか、考えれば分かるはずですが、高度成長が終わったことを認めたくない人は多いようです。

フローとストックを元本保証に着目して分類すると、以下のようになります。

サラリーマン=フローが元本保証
自営業=フローが元本保証でない
銀行預金=ストックが元本保証
株式投資=ストックが元本保証でない

①サラリーマンと銀行預金=フローが元本保証、ストックも元本保証
②サラリーマンと株式投資=フローが元本保証、ストックは非元本保証
③自営業と銀行預金=フローが非元本保証、ストックは元本保証
④自営業と株式投資=フローが非元本保証、ストックも非元本保証

リスク・リターンの関係は、低い ①<②<③<④ 高い    です。

株式投資反対派の意見を採用すれば、②がなくなるので、結局、サラリーマンは低フロー、低ストックのまま一生を過ごさなければなります。それが嫌なら、独立するしかないわけですが、③は①に比べるとリスクが大きいので、それも難しいでしょう。以上の少考からも、株式投資反対というのは、サラリーマンにとっては自殺行為だといえるでしょう。
スポンサーサイト

<< JF Japanの累積リターンが16138%になりました | ホーム | 証券優遇税制について その7 >>


コメント

私は

③です。

私は④ですが

木村剛さんの「投資戦略の発想法」にも、③で資産を貯めることができるのが一流の投資家だと書いてありました。その通りだと思います。

実際、ビジネスセンスがある方は、株式投資に興味がない場合も多く、本業のビジネスで稼げるし、その方が面白いのでしょう。

まずは、②を目指す人が増え、さらに③を目指す人が増えれば日本もよくなると思います。

私は②ですが、かみさんが③ですね。

Sさん

結婚されている方の場合、夫婦でリスクを分散できればよいですね。

ちなみに、我が家は私が④で、妻は①です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。