プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外生活に適した職業について考える その1

アメリカのグリーンカードを参考にして、欧州全域で有効な労働ビザ-ブルーカード(高度な技術を有する移民向けのビザ)の導入を計画しているという記事を以前にご紹介しました。

日本は島国で、単一言語国家なので、外国で働くという生き方がそれほどなじみがないのかもしれませんが、何度かご紹介しておりますように、既に、海外で生活している日本人は100万人を超えています。その全てが労働目的ではないとしても、概ね全人口の1%に迫る人数が国外で生活していることになります。

日本国内の人口が減少し、企業も国外に目を向けなければ生き抜いていけなくなってきている以上、日本人の海外生活人口はこれからも増加していくはずです。

さらに一歩進めて、企業から海外派遣されるのではなく、自分の能動的意思に基づいて海外で働く人も増えるのではないでしょうか?今後は、職業を選択する段階で、自分の職業が外国での労働に適しているか、海外需要が多いかなどについて見通しを持っておくべきだと思います。

朝日新聞にも、シンガポールに派遣された邦銀職員が、日本に戻らずに現地の金融機関に職を求めるケースが増えているという記事が掲載されていました。日本の富裕層向けにサービスを提供したいと考えている外資系金融機関はたくさんありますので、今後、香港やシンガポールで金融関連の仕事をする方はさらに増えるでしょう。

「我々は外資系金融機関への人材供給機関か?」という邦銀の国際部門の担当者の嘆きも紹介されていましたが、成果主義も掛け声だけで、実体は年功序列が維持されている古い会社も多いですので、実力がある金融マンが外資系金融機関を選択するのは当然でしょう。
      

スポンサーサイト

<< 「FXのスワップ狙い」は外国債券投資の代わりになり得るか? | ホーム | スウェーデンの税制について その6 >>


コメント

まさにその通り!

初めまして。貴殿のブログはよく読んでいましたが、投稿するのは今回が初めてです。私も今回のテーマと同じ考えを持っています。私事で恐縮ですが、150円で新日鉄、437円でコマツ・・・他、大型株を購入、5年程度長期保有&売却して1億円超え、ファイナンシャルインディペンデンスを達成し早期退職しました。独身(両親他界)、実家暮らし、無借金。良い意味で「守るものは何もない!」。日本の典型的オッサンサラリーマンに比べれば恵まれた経済、家庭状況(笑)のため、他の典型的日本人には無い人生を送ろうと考えています。
>>さらに一歩進めて、企業から海外派遣されるのではなく、
>>自分の能動的意思に基づいて海外で働く人も増えるのでは
>>ないでしょうか?
実はこれを狙っています。前職は理系の研究職でした。退職後、専門学校へ通い、大胆にも文系かつ日本人にしかできない(だから就労ビザも下りる→外国へ合法的に入り込める、観光旅行ではなく)職種を考えています。金融ではありません。現地人と同じ低報酬ですがFIを達成したので、賃金はもはや問題ではない。JICAボランティアで無報酬でも構わない。世界を、「どさまわり」したいのです(笑)。中田英ほど金持ちではありませんが、少しキザな言い方をすれば、「人生の旅」がしたいと・・・。

Werder Bremenさん

「150円で新日鉄、437円でコマツ・・・他、大型株を購入、5年程度長期保有&売却して1億円超え」というのは素晴らしいですね。ほとんど底値で購入したということですね。株式投資で儲けるには、市場が成長していることは必要条件でないですし、新興市場に投資しなければ大儲けできないわけでもないことがよく分かります。

ファイナンシャルインディペンデンス達成後に、外国での生活に目を向けるというのも有意義だと思います。全ての人が海外脱出する必要はないですが、経済状況を鑑みると、日本の典型的なオッサンサラリーマンが、この先も典型的な存在で居続けられるかどうかは疑問だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。