プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の国力について

国力について、相互リンク先のブログなどで議論されていますので、ご覧ください。

人口(人間の数)と 人間の未来について考えたい その2 国力
日本人は世界的に見て「庶民」になってしまったのか?


当ブログでも、先日、小国の主権に対する侵害に関して、国力の低下がもたらし得る悲惨な結果について若干言及しました。現段階では、衰えたとはいえ、日本のGDPの絶対値は世界2位ですので、いきなり外国から攻められるというような極端な事態は生じないと思われます。

------------------------以下引用---------------------------
実は、国力は、結果であって、目的化するべきではないととりあえず思っています。国全体の民度が高まって、経済、技術、教育、文化などなど、すべての面で、国民ひとりひとり、あるいは、企業やNPOのレベルが高まって、国家機関があれこれ介入する必要がほとんどないほどに、成熟していくことが、重要なのではないでしょうか?すると、全体の総和である国力は、結果として、増加しますから、問題ありません。
------------------------引用終わり--------------------------

国力を高めるべきだという意見は、国家権力を強化して全体主義的な要素を強めるべきだという意見と必ずしも同じではなく、私も、FUTURISTさんのおっしゃっていることを言いたかったのです。つまり、一人一人が民度を高めれば、自由主義や民主主義を維持しながら国力を維持することが可能であり、それが本当の姿であると私も思います。この点、単に自分が困っているから助けて欲しいというレベルの要望を民主主義における民意であると誤解している人が多いですが、このような状況を続けていると、全体主義を肯定する風潮が出てくるので注意です。

仮に、一時的に非居住者になったり、PTになったとしても、何れは日本に戻ってくることが多いでしょうし、子供の国籍も日本であることが多いでしょう。従って、日本に留まるにせよ、一時的に海外移住するにせよ、日本の政治についてもっと関心を持たないと将来的にまずいことになるのではないかと懸念されます。財政破綻のリスクヘッジに海外口座を開設する方法を勉強する暇があれば、日本の政治や経済についてもっと勉強し、行動すべきでしょう。
スポンサーサイト

<< 憲法に追加したい条文 その4 | ホーム | 40代でのリタイアは[早期」リタイアなのか? その2 >>


コメント

HSBCインドオープン

PALCOMさん。どうも!
記事とは関係ない話ですが、HSBCインドオープンで
興味深い情報を入手しましたので、ここに報告いたします。

HSBCインドオープン 年間収益率+46.3%
http://www.hsbc.co.jp/jp/shared/pdf/india_w.pdf
HSBC GIF Indian Equity 年間収益率+77.92%
http://www.hk.morningstar.com/hkg/fund/FundQT.asp?Symbol=F0000000SH&Section=TOTALRETURN

外国為替による影響を受けていると思われます。
それにしても同じFundhouseの日本と香港で30%とも違うとは。
おそらくHSBCチャイナオープンも同様の結果だと思います。

ご参考までに。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。