プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外投資を始めよう-アクセス数・拍手数の多い記事

ご愛読ありがとうございます。記事の本数が多くなり、自分でも把握できなくなってきたので、アクセスが多い記事(一部、相互リンク先のブログの記事も混じっています。)をまとめることにしました。

注意:本ブログの記事を専門家による助言として使用しないでください。
Disclaimer: These articles are meant merely as a basic guide and should not be referred to as professional advice.


最新記事はここをクリック
Last update:2010/8/25

①海外投資を始めたいけれど、難しいそうで不安だという方
 -このブログでは、ドルコスト平均法(積み立て)やETFなど誰でも利用できるツールを活用して、10年-20年という単位での長期運用に耐えられる投資戦略を身に付けることを目的としています。

参考記事:  
  貯金生活・投資生活(相互リンク先のブログ)
  梅屋敷商店街のランダムウォーカー(相互リンク先のブログ)
  日本でも購入できる優れものの海外投資商品
  200万円を超える海外送金の報告義務 その1
  海外送金の報告義務における金額要件が200万円から100万円に減額されます New
  海外預金の報告義務について
  複数の海外口座を開設した場合における海外預金の報告義務
  必ずしも有利でない豪ドル預金
  ファイナンシャルリテラシーがゼロの日本人
  Expense ratioが低いETF
  Stock Market Olympics of the 20th Century
  出資法1条について
  匿名組合について その1
  節約する 車を売る その4
  マンション-いくらなら買うか その5
  NEPファンドは詐欺か? その1-詐欺ファンドを見分けるには?
  香港とシンガポールが時限的に預金を全額保護へ New

②財政破綻対策に海外口座の開設を検討されている方
 -このブログでは、財政破綻対策に海外口座を開設することに極めて否定的な立場をとっています。

参考記事:
  財政破綻と海外口座 その1
  破綻本の理論は破綻している その1
  最近破綻本を見かけません その1

③香港やシンガポールに銀行口座や証券口座を開設したいという方
 -日本の金融機関を通じて気軽に海外投資を行えるようになってきたので、このブログでは、現在又は将来的に海外で暮らす予定がなければ、敢えて、海外口座を開設する必要はないという立場になりました。海外で暮らす予定がある場合には、現在もなお、有用でしょう。
 
参考記事:
 海外証券口座のメリットが低下
 僕が海外証券口座を使わない理由(相互リンク先の梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーより)
 不安を感じながら海外投資を開始することはお勧めしません
 HSBC香港の口座開設に本人の英語力が必要になる?
 シティバンクシンガポールに日本語ホームページが登場

④海外投資に関する税金問題で悩んでおられる方
 -海外投資に関して発生した利益は、複数の国で課税されることが多く、極めて複雑です。また、日本に居住している限り、海外で運用して得た利益についても日本国内で課税されることが、破綻本や海外投資を勧めるサイトに明確に記載されていないことも問題です。将来のトラブルを避けるために、海外投資を始める段階で正確な知識を習得されることをお勧めします。

参考記事:
  海外口座で運用した場合の課税について
  外国株式の譲渡益に対する課税 その5
  推計課税について その3
  海外直接投資と確定申告
  共有名義口座の開設とその税務
  海外投資と確定申告
  複数の事業主から給与を得ている方が海外投資をしている場合
  外国籍契約型投資信託と税金 その3
  租税条約を勉強しよう その3 二重課税が生じるケース
  海外での運用によって得た少額の利益の申告

⑤エマージング投資やヘッジファンド投資に興味が有る方
 -エマージング諸国への投資はリスクを伴いますが、長期的に大きな発展を望める国に投資すれば高いリターンを期待できます。私自身も、エマージング投資は大好きです。他方で、ヘッジファンド投資は、少数の商品を除いて、もはや投機と化している商品が多いので、積極的にはお勧めしていません。

参考記事:
 究極のエマージング投資-FMG Africa Fund
 JF Japanの累積リターンが16138%になりました
 HSBC Indian Equity Fundの累積リターンが2171%になりました
 エマージング株式投資は儲かるのか?
 FMG MENAファンドを購入しました
 エマージング諸国に投資するETF
 ベトナムに投資するファンド
 Man MGS Access Series 2 Ltd. (Citibankによる元本保証付き)
 ヘッジファンドは打ち出の小槌か?
 Man AHL Diversified PlcとAHL Diversified Futures Ltd.

⑥海外移住を本気で考えている方
 -いいかげんな政治や自立心のない国民性にうんざりしている方は多いと思います。もちろん、安易な海外移住は禁物ですが、きっちり準備さえすれば、日本でストレスを抱えて過ごすよりよほど充実した人生を過ごせるはずです。

参考記事:
 定年後のマレーシア長期滞在を可能とするMM2Hプログラムについて
 国際線の航空運賃が1,500円-超格安航空LCCについて
 海外移住と年金 その1
 PTという生き方について考える その1
 海外移住・早期リタイアについてたくさんコメントをいただきました
 海外生活に適した職業について考える その1
 無犯罪証明書について
 ペット同伴の海外移住について その2
 国内証券口座の海外ポータビリティー その3


スポンサーサイト

| ホーム | IEAの楽観的なoil figuresは信じられるのか? >>


コメント

とても参考になります。

投資マニアさん

ありがとうございます。今後ともご愛読ください。
まだまだ、海外移住組みの絶対数は少ないですが、今後、急速に増えると思います。

海外移住

はじめまして。
以前から拝見していましたが、今回まとめて頂いてありがとうございます。
とても参考になります。

最近シンガポールに移住しました。今後もいろいろと参考にさせて頂きます。
よろしければ相互リンクをお願いしたいのですが、いかがでしょうか?
『世界級ライフスタイルのつくり方』
http://www.ladolcevita.jp/blog/global/
ご検討よろしくお願い致します。

国際結婚されて、シンガポールに住んでおられるのですね。素晴らしいことです。

日本社会や日本人男性に魅力を感じない女性は、どんどん外国に出て行けばよいと思います。

シンガポールの永住権のことについて、色々教えてください。

相互リンクの件、了解いたしました。

ありがとうございます。

PALCOMさん
相互リンクありがとうございました。私もリンクさせて頂きました。

シンガポール永住権はシンガポールで職歴のある高学歴者・高所得者には広く門戸が開かれていますし、投資家も誘致しています。
「アジアのハブになる」という政府の強い本気を感じます。

la dolce vitaさん

どこの国も、高所得者や有能な人材を欲しがっていますので、そのような人材に永住権を与えるという政策は当然あり得る政策といえるでしょう。

日本の場合、言葉の問題があるので、欧米人は住みたがらないそうですね。

フランス在住のdolphinと申します。
大変ためになるブログで、ありがたく読ませて頂いております。

日本にとって非居住者というだけで、日本円にて資産を形成する権利を奪われている事に、大変腹立たしい思いをしております。当方、日本国籍を放棄しているわけでも、今後放棄するつもりも一切なく、老後(遠くない将来です。^^;;)、夫とともに日本に永住するつもりでおりますが、日本の証券業界は、はっきりとした法的根拠を説明されることもなく、非居住者を門前払いしているのが現状です。(問い合わせた証券会社は全て同じ対応でした。)本当に腹立たしいです。

きちんと納税するのも、確定申告の書類を自ら作成するのも厭わない、ただ日本国籍を有しているにも関わらず、非居住者だというだけで、日本円での資産形成の権利を剥奪されている現状に猛烈に腹が立っております。

そこで、金融庁に電話をしてみました。
以下、その回答です。(電話でのやり取りのため、正確な原文ではありません。)

金融庁:ご指摘の通り、非居住者が国内証券会社に口座を開設してはいけない、または口座を保持してはいけないという法律は存在しない。また、非居住者が日本国内にて有価証券を売買してはならないという法律も存在しない。存在しない以上、金融庁としては指導はできない。直接証券会社を交渉を重ねて頂く以外にない。

dolphin:では尋ねるが、日本国籍を放棄していない日本人である私が、日本国内にて日本円の資産形成の権利を剥奪されている現状について、公平だと言えるのか?これは明らかに人間蹂躙だと考えるが?昨今多くの日本人が海外で暮らしているが、押しなべて門前払いを食らっているわけだが、それについて日本の証券業界において大変な損失だとは思わないのか?

金融庁:当方としては意見を述べる立場にない。ご指摘いただいた件については、企画立案部に要望としてあげておく。ただし、検討の価値ありと判断されうるかどうかについては、約束できかねる。しかしながら、今後の日本の証券業界の発展のためにも良いということは言える。

以上のような回答でした。言いたいことは山のようにありますが、長いコメントになってしまうので、この辺でやめておきます。

日本円で安く資産形成できる日本在住の皆さんがうらやましいです。税金も銀行手数料もフランスでは恐ろしく高いのです。今年以降に売却した譲渡益にかかる税金はなんと30.1%です。(ヨーロッパ以外の投資商品を購入した場合) 泣けてきます。

dolphinさん

はじめまして。

詳細なコメントありがとうございます。

私のブログを読者には、海外で生活されている方が少なくありませんが、皆さん同じような苦労をされています。

ヨーロッパの税率は概ね高いですね。居住国の税率が高いと、資産形成が困難になり、日本に戻ってからのことが気がかりですね。かといって、日本の年金も全く当てになりません。

エアポケットに嵌ったような状態になり、大きな問題だと思うのですが、海外居住者の絶対数が少ないせいか、人々の関心は低いようです。

こんばんは。
面白いブログを探しているうちに辿り付きました。
お金の考え方、参考になりました。
また遊びにきますね。

はじめまして。

海外移住の調べものをしていてPALCOMさんのブログへたどり着きました。鎌倉ライフリッチ研究所というブログをやっております、Regainと申します。私も約10年ほど海外に居りましたため、PALCOMさんのご指摘がツボに入ります。今後とも密度の濃い記事、楽しみにしております!
今回はまずはお礼方、
(http://liferich.net/)

Regainさん

はじめまして。海外経験が長い方からの情報は非常に参考になります。実際、海外移住しようと思うと、色々と問題が出てきますね。

今後ともよろしくお願いいたします。

はじめまして。

最近海外投資を始めようかと考えていてこちらにたどり着きました。
ためになりました。ありがとうございます。
まだ迷っていますが友人に勧められた会社があるので良かったらどうぞ。

ためになるサイトですね☆勉強させてもらいます☆

保健年金分野

キャピタルゲイン目当ての投資はともかく保健や(私的)年金商品に関しては国内ものはとても話にならない。業界保護の規制緩和徹底的に行うか、保健、年金商品に関してはフリーに海外投資させて欲しいと思う。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

引用のお礼

運営する掲示板「海外送金何でも相談コーナー」の回答に引用させていただきました。
 豪州への送金でお得な方法は?
http://bbs.kodama.com/bbs/kazuboy/#243
すっきりした説明に感服します。

これからも参考にさせていただきます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。