プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ滞在時の家計簿

早いもので、帰国の日が間近に迫ってきました。

わずか1年間の米国滞在でしたが、海外移住の予行演習ができて非常に有意義でした。ホームシックには全く罹りませんでした。米国滞在の経験についての詳細は別の記事で検討するとして、生活費に関して記しておくことにします。1ドル=110円で計算。

引越し代=約70万円(家財道具を海外に送る料金=往復)
飛行機代=約40万円(ミネアポリス・成田往復大人二人、エコノミーを使用した場合)
レンタカー代=400ドル(1週間、Chevrolet Impala)
カーリース代=約14,000ドル/年?(1年間、カローラ新車)
医療保険=36万円(大人二人、海外旅行保険、歯科診療カバー)
ビザ=4.3万円

アパート代=1,550ドル/月(ミネアポリス(地方中核都市)、3部屋、暖房費、駐車場代込み)
生活費=約1,000ドル/月(外食費、ガソリン代など、特に贅沢も節約もしていない。)
光熱費・通信費=約500ドル/月?(ネット、ケーブルテレビ、郵送費、光熱費など)

計約64,630ドル/年=約5,386ドル/月=約59.2万円/月

1年という短期滞在なので費用が増えている面もあります。例えば、短期滞在なので車はリースにしましたが、購入すればさらに安くできるはずです。それでも費用は相当かかります。

スポンサーサイト

<< Stock Market Olympics of the 20th Century その1 | ホーム | 海外口座Buy&Hold戦略による節税法についての検討 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。