プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評の書評 お金は銀行に預けるな その2

「お金は銀行に預けるな」(光文社新書、勝間和代著)という、これから投資を始める人向けの本に対して寄せられたAmazonの書評(以下に引用)について検討しています。私自身は、同書を読んでいません。

-前回の記事の復習-

<第一パラグラフについて>
「年率5%を10年20年も継続できる人などいません。」という主張は極端すぎ、事実に反する。

<第二パラグラフについて>
長期投資と矛盾するものではなく、長期投資に対する批判になっていないので削除すべき。

----------------------引用開始------------------------

「目から鱗」的な感動を覚えた人は決して投資をしてはいけません。この本には、元手が何倍にもなりうる投資はリスクがあり危険だが、インデックスファンドから始めて頭を使ってリスクを回避すれば、年率5%は確実に得られるかのような書き方がされています。しかし、年率5%を10年20年も継続できる人などいません。年率5%で着実に複利で増やすことさえ、実は大変難しいことなのです。

実例を挙げましょう。2007年に日本株インデックスファンドを購入した人は、2008年に入ってほぼ全員マイナスになっているはずです。もう既に計画通りには行かなくなっています。

また、一時的な下落に動じず長期所有すべきとの意見については、まず長期所有では毎年信託報酬を取られます。インデックス型の信託報酬が安いと見るのは間違いで「投資信託会社は何もしなくても信託報酬がどんどん入ってくるから」低いだけなのです。下落後、元手に戻るまで待ったとしても、それまでの時間を失ったことになります。これも立派な「機会損失」です。

投資がリターンを産む理論的根拠は人々(他人)が生産活動をして実体経済が成長するから、と述べています。しかし今の時代「カネ余り」と言われるように投資マネーが実体経済と比して桁違いに膨大で、実体経済の成長分を投資マネーに公平に分配すると、ごくわずかなお金にしかなりません。年率数%なんてもってのほか。年率数%を得るだけでも、結局は人生を浪費するゼロ・サム・ゲームに参加することになるのです。

--------------------引用終了---------------------

<第三パラグラフについて>
「また、一時的な下落に動じず長期所有すべきとの意見については、まず長期所有では毎年信託報酬を取られます。インデックス型の信託報酬が安いと見るのは間違いで「投資信託会社は何もしなくても信託報酬がどんどん入ってくるから」低いだけなのです。下落後、元手に戻るまで待ったとしても、それまでの時間を失ったことになります。これも立派な「機会損失」です。」

細かいことをいいますと、第三パラグラフの第一文は、文章の内容以前の問題として、文章の形式がおかしいです。

第三パラグラフの第一文は、「長期所有では毎年信託報酬を取られます。」という文章です。まず、この文章だと、「短期所有や中期所有では信託報酬を取られない。」と誤解を招くので、「長期所有では毎年信託報酬を取られます。」という文章は、「長期所有では信託報酬を支払う期間が長くなり、その結果、信託報酬の支払い総額が大きくなる。」というような文章に修正すべきでしょう。しかし、この修正後の文章も、第二パラグラフと同様、長期投資家が当然の前提としていることです。

第三パラグラフの第二文は、「インデックス型の信託報酬が安いと見るのは間違いで「投資信託会社は何もしなくても信託報酬がどんどん入ってくるから」低いだけなのです。」という文章です。「投資信託会社は何もしなくても信託報酬がどんどん入ってくるから」安くないという指摘ですが、これは明らかに、投資信託会社の立場から見た場合の意見です。何もしなくても信託報酬がどんどん入ってくるから、投資信託会社の立場から見れば、インデックスファンドの信託報酬は、むしろ高いといってもよいということでしょう。確かに、そういう見方ができることは事実です。しかし、ここでは、インデックス型の投資信託が、個人の資産運用を成功させるためのツールとして有効かどうかを検討すべきです。何故なら、投資信託への長期投資によって5%の利益を得られるかどうかについて考察しているからです。従って、インデックス型の投資信託の信託報酬が「安い」かどうかは、投資信託会社の立場で判断するのではなく、個人の長期投資にとって有効かどうかという観点から判断すべきです。個人の長期投資という観点から見た場合に、インデックス型の投資信託の信託報酬がリターンを著しく毀損し、長期投資という投資戦略を採用することが難しくなる場合に、インデックス型の投資信託の信託報酬は「高い」と判断されるわけです。投資信託会社の立場から見た場合に、インデックス型の投資信託の信託報酬は「高い」が、個人の長期投資という観点から見た場合に「安い」ことは、理論的にあり得るわけです(つまり、Win-Winが成立する。)。第二文は、長期投資のツールとしてのインデックス型投資信託に対する論理的な批判になっていません。

第三文及び第四文は、「下落後、元手に戻るまで待ったとしても、それまでの時間を失ったことになります。これも立派な「機会損失」です。」という文章です。これも、第一文に対する批判と同様の批判が成立します。そういう「機会損失」があることは、長期投資家も当然の前提としています。「機会損失」が全くない投資手法があるのであれば、そういう投資手法に乗り換えますが、「機会損失」が全くない投資手法などあるわけないので、「機会損失」は回避できないことを前提として長期投資に勤しんでいるわけです。

第三パラグラフ全体が、「投資信託の長期保有によって5%の年率を得ることができるのか?」という命題から離れてしまっています。「機会損失」があることを指摘するのではなく、「「機会損失」があることによって、5%の年率を得ることが難しい」ことを証明しなければなりません。同じく、「長期的に信託報酬を支払わなければならない」ことを指摘するのではなく、「長期的に信託報酬を支払わなければならないことによって、5%の年率を得ることが難しくなる」ことを証明しなければなりません。同様に、「インデックスファンドの信託報酬が高いために、5%の年率を得ることが難しくなる」ことを証明しなければなりません。第三パラグラフ全体が、右の命題と関連付けて記載されておりません。そして、その結果、長期投資家が当然の前提としていることを述べるだけに留まっております。従って、第三パラグラフ全体が、長期投資に対する批判として妥当ではなく、第二パラグラフに続き、本パラグラフも削除すべきでしょう。

(続く)


スポンサーサイト

<< 書評の書評 お金は銀行に預けるな その3 | ホーム | 書評の書評 お金は銀行に預けるな その1 >>


コメント

第三パラグラフの第二文

第三パラグラフの第二文の投資信託会社の目からみたコメントで、このコメントが勝間さんに対して快く思っていない投資信託会社関係の人間のコメントであることが、濃厚になってきましたね。
参考になった人数なんかもみんなでクリックしてあげているんでしょう。
アマゾンのこういった書評の作為性についても、今後もっともっと問題になってくるでしょうねぇ。

アマゾンの匿名書評には、色々な問題がありますね。著者と評者がけんかになった事例もあるようですし。業界全体の浮沈に関わるような曝露本に対しては、組織がらみの作為的書評は当然あるのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。