プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中投資はリスクが少ない? その2

リンク先のRennyの備忘録で、集中投資でなければ資産は増えないという趣旨の広告についての批判記事が掲載されていました。

広告の内容は以下のとおりです。

----------------------引用開始-----------------------
今回の格言
    分散投資で資産は増えない。
    あなたはこれから集中投資
 
投資の本などには、リスクは分散するように書いてあります。
たとえば、株式、投資信託、不動産など異なる投資への分散、そして外貨預金などを利用した国内と海外への資産の分散、また株式でもさまざまな業種の銘柄に分散するなど、各種の方法があります。

しかしこれは、億単位の資産がある人の「守りの投資」の方法です。

これから資産を大きく増やそうという「攻めの投資」の場合は、「集中投資」をするしかありません。

分散投資では、投資するすべての市場に関する知識が必要になります。

最初は自分に合った投資の分野に集中して勉強したほうが効率的です。1つのことに他人よりも詳しくなれば、それだけリスクも少なくなります。

まずは、自分の好きな分野、得意な分野をみつけて、徹底的に知識を身につけ、経験を積んで資産を増やすことが大切です。
----------------------引用終了--------------------

上記広告について検討しています。

この広告についてRennyさんが書かれた批判記事に対する反論コメントが、富裕層専門と思われるFP事務所にお勤めの女性から寄せられました。この方の話によりますと、「大きく」増やすといった場合の「大きく」というのは60歳で3億円だということです。「大きく」の定義をこのように解釈すると、集中投資するしかないという主張も一理あります。富裕層専門のFP事務所のクライアントの中には、インデックスファンドに投資している人などいないそうです。ただ、彼女は、そこにたどり着けた人を前提にして話を進めているので、そこにたどり着けないリスク(人生棒に振るリスク)を懸念している我々とは、話がかみ合っていません。

しかし、上記広告によれば、そのような懸念は杞憂だそうです。

---------------------------------------------------------
①分散投資では、投資するすべての市場に関する知識が必要になります。

②最初は自分に合った投資の分野に集中して勉強したほうが効率的です。1つのことに他人よりも詳しくなれば、それだけリスクも少なくなります。
---------------------------------------------------------

なるほど、説得力が・・・全くないですね。

ここでのhidden assumption(隠された仮定、前提、事実など)は何でしょうか?しばし考えてみました。

ここでのhidden assumptionは、分散投資と集中投資は全く質が異なる投資戦略であることを敢えて無視し、両者が同一線上にある投資戦略であるとみなしていることです。この隠された前提は、投資初心者にとっては気づきにくいかもしれません。だからこそ、このような広告に釣られてしまう初心者が多いのでしょう。

例えば、チェーン展開しているレストランと、本店だけしかない老舗の料亭の違いは店の数ではありません。この場合、店数の違いは、そのままビジネス戦略の違いに結びついています。前者に店を減らせということはできませんし、後者に店を増やせということもできません。

分散投資と集中投資は全く質が異なる投資戦略であることに気づけば、広告の嘘はたやすく見破れるはずです。

面白そうな話題になってきたので、もう少し続けます。

(続く)
スポンサーサイト

<< 集中投資はリスクが少ない? その3 | ホーム | 集中投資はリスクが少ない? その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。