プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資がゼロサムゲームであるかどうかを考える前に考えるべきこと その3

「投資で儲かっているということは、誰かが損したことではないか?」という趣旨の質問について検討しています。私がサラリーマンを続けたくなかった大きな理由の一つは、どうでもいいことを延々と議論して、結論が出ないことが多く、それが大いに無駄に思えたからです。この件に関しては、そのことを思い出しました。従って、この問題についても、一応の結論が出るまで記事を続けたいと思います。

さて、相互リンク先の梅屋敷商店街のランダムウォーカーで、「投資で儲かっているということは、誰かが損したことではないか?」という趣旨の質問を家族から受けたという記事が掲載されていました。質問の正確な内容は以下のとおりです。

----------------------引用開始------------------
日々「投資の勉強は面白い♪し、家事育児以外に社会に関わっている感があって張り合いがある」と夫に話していたある日、夫が
「でも…そのお金はどこから来るの?誰かが損するって事だよね?」
と言いました。
私はその瞬間固まってしまいました。
もし市場に参加している人数が千人くらいの規模で、全員の顔をみた事があったら…私は不労所得を得ようとはしません。
水瀬さんも、この類の事を考えたことはありませんか?
----------------------引用終了-------------------

例によって三段論法にまとめると、「でも…そのお金はどこから来るの?誰かが損するって事だよね?」という質問は、以下のようになります。

①投資はゼロサムゲームである。
  ↓
②ゼロサムゲームは悪である。
  ↓よって
③投資は悪である。

投資に対して日本人が行いがちな批判ですが、敢えて、簡単な三段論法にまとめると上記のようになります。

長期投資家の立場からは、①に対する反論が多かったですが、ここでは、②に対する反論を取り上げています。

②ゼロサムゲームは悪であるという考え方ですが、日本人の多くは、ゼロサムゲームを悪であると思っていません。従って、このことを前提にすれば、上記の論理展開は誤りということになります。前回の記事にコメントをいただいたItoさんが指摘されているように、国家による再分配もあるわけであり、この点に関しては、不思議なほど批判が聞かれません。

そうすると、結局、「ゼロサムゲームは悪である」という主張は、自分の意見を正当化させるための便法に過ぎないことになります。

投資を批判しつつ、年金や累進課税、補助金は大好きという人は結構多いわけですから、彼らは、ゼロサムゲームが悪であるというより、自分が損する制度は嫌だといっているだけだということが分かります。繰り返しになりますが、「ゼロサムゲームは悪である」という主張をしている人が、心底からそう思っているのであれば、全てのゼロサムゲームに対して嫌悪感を抱くべきです。しかし、「自分が得するゼロサムゲームは大好き」な人が多いのが実情なのではないでしょうか?

②を否定できた以上、上記の三段論法全体が書き換えられることになります。
<発言をそのまま三段論法にした場合>
①投資はゼロサムゲームである。
  ↓
②ゼロサムゲームは悪である。
  ↓よって
③投資は悪である。

<発言者の真意を汲んで三段論法にした場合>
①投資は私(労働者)が損をするゲームである。
  ↓
②私が損をするゲームは絶対に認められない。
  ↓よって
③投資は絶対に認められない。

三段論法から「ゼロサムゲーム」という文字が消えました。Critical thinkingは本当に面白いですね。

(続く)


スポンサーサイト

<< 海外移住と定期借家契約 その2 | ホーム | 海外移住と定期借家契約 その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。