プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国しました

3/29日に、ミネアポリスから帰国しました。
インターネットが接続するまで10日以上もかかり、ブログの更新もできませんでした。

アメリカでの生活は、ほとんどストレスも感じず、快適に過ごすことができました。
少なくとも英語が通じる先進国であれば、海外移住しても大丈夫だという確信を持つことが出来たのは大きな収穫でした。

アメリカに帰ってきたとたん、今度は、オーストラリアのブリスベンに半年間住む話が持ち上がりましたが、事実上、犬を連れて行くことができないので、あきらめました。

日本とアメリカの比較についての記事もブログに記載していこうと思っています


スポンサーサイト

<< 本業からの収入を決定する要因とリスクについて その1 収入と学歴 | ホーム | 海外移住者にとって最も厄介な病気 >>


コメント

おかえりなさいませ。お待ちしておりました(^^)
これからも、ますます社会派な記事を楽しみにしております。

おかえりなさい

PALCOMさん。

しばらく更新されていなかったと思ったら、やはりそういうことだったのですね。
何はともあれ、おかえりなさいませ。

収穫のある米国生活だったようで何よりです。
今後ともよろしくお願いいたします。

お帰りなさい。待ってました。

水瀬さん、スマイリーさん、久さん

帰国前の引越し準備が慌しく、しばらく更新できなくなるという記事も書く暇さえありませんでした。

オーストラリアのブリスベンにも住んでみたかったのですが、犬がいるので駄目でした。オーストラリアは、固有種がたくさんいるため、動植物の検疫がとても厳しいことで有名です。ペット同伴の海外移住についても、記事にしていきたいと思います。

ROMですが、お疲れ様でした。これからも記事楽しみにしています。

マルマルさん

はじめまして。
マルマルさんも、海外投資をされているのでしょうか?

今後とも、ご愛読ください。

お帰りなさい&質問です

以前に口座開設のご指導を頂いた石井(音楽関係)です。おかえりなさいませ。突然で申し訳ないのですが、先日HSBCから「約300HKドル支払ってくれ」みたいな内容(おそらく口座維持手数料の改定のため)がきたのですが、口座にはすでに260,000HKドルほど入れており、ここから勝手にHSBC側で徴収してくれないものなのでしょうか?別途振り込んだりしないとならないものなのでしょうか?よかったらお教えください。

石井さん

お久振りです。口座維持手数料そのものは、HSBC側で勝手に徴収してくれます(口座から自動的に引き落とされます。)。

HSBCからの通知を見ていないので何ともいえないのですが、差出人は間違いなくHSBCなのでしょうか?260,000HKD預け入れているとすると、口座維持手数料は必要ないはずですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。