プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOOM証券の口座がsuspend(一時停止)されてしまいました

BOOM証券は、セキュリティーのために、パスワードを頻繁に変更しなければならないという制度を採用するようになりました。パスワードの有効期限が近づくと、○○日以内に、パスワードを変更してくださいという表示がログイン画面に記載されます。新しいパスワードは以前のものと同じであってはならないので、結局、パスワードの変更を強制されることになります。

インターネットを利用できなかったので、しばらくログインできなかったですが、昨日ログインしようとしたら、”account temporarily suspended”というエラーメッセージが表示され、ログインできなくなっていました。

メールでBOOM証券に問い合わせたところ、新しいパスワードを再発行する前に、identityを確認しなければならないという返事が来ました。メールの返事は、日本時間の午後11時に来たので、24時間体制で対応しているということでしょう。

ところで、BOOM証券の口座開設は郵送でもできますが、identityの確認は、郵送でできるのかどうか分かりません。電話で詳細を確認してみます。口座開設時には、口座にお金は入っていませんが、口座開設後には、口座にお金が入っているので、郵送での身元確認はできないかもしれません。その場合には、パスポートと国際免許証を持って香港に行かなければなりません。

香港に行くこと自体は、面倒ではありますが、行けばよいだけですし、英語が苦手だというのであれば、通訳をつけることによって、最終的に問題は解決できます。しかし、死亡や事故その他の理由で、本人が渡航できない場合には、話は非常に面倒になります。万一、相続が生じた場合には、パスワードを記載した紙を残しておいて、遺族が引き出せるようにしておけばよいと考えている方がほとんどだと思いますが、パスワードの強制変更システムが採用された場合、頻繁にパスワード管理をしていかなければ、この方法も使えなくなります。

相互リンク先のスマイリーさんなども、BOOM証券口座を利用されていますが、日本国非居住者なので、そもそも香港でなければ証券口座を開設できないという切羽詰った理由がありますし、トラブルを解決するだけの語学力をお持ちです。人それぞれ、事情が異なるので、単に他人が開設しているからという理由で海外証券口座を開設するのは危険です。
スポンサーサイト

<< サラリーマンが60歳の時点で1億円を貯めることは可能か? その1 大手企業の場合 | ホーム | 書評:日本経済は本当に復活したのか(野口悠紀雄著、ダイヤモンド社) その1 >>


コメント

BOOM証券

PALCOMさん。

ご紹介ありがとうございます。
パスワードの変更は半年に一度ですね。
今回私も変更しました。
ちょっと面倒です。
パスワードの他に、キーコードなるものもありますね。
売買確定の際に必要とします。
これも変更しなければいけません。

BOOM証券のパスワード、キーコードは
数字とアルファベットを併用しなければいけませんので
かなり面倒です。
また、パスワードとキーコードは同一ではいけません。

BOOM証券についてはまだ書きたいことがありますが、
長くなるので次の機会に。

W-8BENの件で、記事にしています。ご参考までに。
http://blog.livedoor.jp/smiley_shanghai/archives/51002197.html

こんにちは。記事に

>英語が苦手だというのであれば、通訳をつけることによって、最終的に問題は解決できます。

とありますが、通訳が正しく通訳しているという保障ができない限り、これは通用しないんではないでしょうか。
海外口座開設ブログで、通訳の利用を拒否されたという記事も読んだことがありますし。

スマイリーさん

税金についての記事を読ませていただきました。BOOM証券名義で購入しているので、香港人が米国株を購入したという扱いになり、配当は30%源泉徴収になりますね。もともと、配当は30%源泉徴収が原則なので、非居住者優遇措置がなければ、当然、30%源泉徴収になります。従って、香港の証券会社を通じて米国株を購入すると、配当に関しては税金面で損をします。

通りすがりさん

通訳が正しく通訳しているという保障ができない限り、これは通用しないんではないでしょうか。
→正しく通訳してくれる専門家(会計士とか弁護士)を探すしかないでしょうね。これは、探せば何とかなる問題ですが、コネがないと難しいのも確かです。HSBC香港の口座開設に関しては、本ブログの記事でも何度かご紹介しておりますように、通訳の利用を拒否されたという事例はあります。ただ、本人が死亡したようなケースは、専門家を介して手続きするのが当然なので、そのようなケースで通訳を利用したとしても拒否されることはありません。

私もよくこの更新は忘れます

securityを考慮してくれているのでしょうが、更新は面倒ですね。外国の証券会社の場合、トラブルが生じると、やはり解決が面倒です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


BOOM.HK Security強化

先日、米国市場商品の租税について W-8BENの日記を書きました。 香港証券会社を通して米国株を購入すると、海外居住者であっても香港人扱いになる。 今日はBOOM.HKのSecurity強化についてです。 BOOM.HKはInetrnet証券の運営が主な業務です。 よって利用者はBOOM...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。