プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンが60歳の時点で1億円を貯めることは可能か? その2

サラリーマンが60歳の時点で1億円を貯めることは可能かというテーマについて記事にしましたが、コメントとトラックバックをいただきました。

その結果、それほど無謀な運用をしなくても目標達成はできそうだという感想を持たれたことが分かりました。

もう少し細かく見てみますと、

①大手企業を勤め上げて、給与も頭打ちにならなかった場合の手取り金額:
 25-34歳 400万円
 35-44歳 600万円
 45-60歳 750万円
合計:約2億2000万円

②大手企業を勤め上げて、給与が頭打ちになった場合の手取り金額:
 25-34歳 400万円
 35-44歳 600万円
 45-60歳 600万円
合計:約2億円

③大手企業から中小企業に出向して、給与が減額された場合の手取り金額:
 25-34歳 400万円
 35-44歳 600万円
 45-60歳 400万円
合計:1億6400万円

しかし、ケース①で貯蓄率が10%の場合と、ケース③で貯蓄率が20%の場合とを比較すると、後者の方が投資に回せる種銭の額は大きくなります。

コメント及びトラックバックをいただいた方は、60歳で1億という目標をクリアできそうだとおっしゃっていますが、ご両人ともに、貯蓄率が非常に高いそうです。しかも、社会人になった直後から支出をコントロールする癖をつけたので、それほど苦にならないとおっしゃっています。

サラリーマンが60歳で1億という目標などクリアできないように思えても、きっちり数字で考えてみると、そうでもないようです。

資産運用をしなければ、サラリーマンが60歳で1億という目標など簡単にはクリアできないと思ってしまうのは、金融機関の宣伝にも原因がありそうです。金融機関は、投資商品を購入してもらわなければ商売にならないので、貯蓄率の話を無視して、いきなり、投資を薦めるケースが殆どだと思います。

やはり、貯蓄率は重要なんですね。私も知りませんでした。もしかしたら、金融機関の話をうのみにする態度が私自身にもあったかもしれません。

もちろん投資なしに1億円貯めることは難しいですが、貯蓄率を上げれば、金融機関にとっておいしい商品やリスクの高い商品に頼らなくても目標達成はできそうです。
スポンサーサイト

<< 外れ値について その1 | ホーム | ブルドックソースの株価はどうなったのか? >>


コメント

取り上げていただいてありがとうございます(^^♪


>それほど無謀な運用をしなくても

と書かれていたので、安心しました。
「10年で倍になるアセットアロケーションが普通に存在するのか?」と疑問に感じていました。
ですが、この言葉でPALCOMさんの意図が分かりました(笑)

今は住宅ローンもないので、貯蓄率は70%近いと思います。
ただし、こどもの成長に伴い低下するものと思っています。
ここで設定されている②がほぼうさみみが考慮している形です。
③の可能性がありますし、健康を害する可能性もありますよね。計画と実際の相違は充分ありえます。


人生設計を研究していますが、いろんなところで年利5%の運用とかが簡単に書かれています。
だけど、年5%の運用は、税金を取られることを考えると、年6%の運用となりますから、フルインベストメント状態が基本かのような錯覚に陥りがちです。

でもそれだけの運用をするには、何回も失敗しつつ、「生きた運用を経験しないと難しい」というのが実感です。



>やはり、貯蓄率は重要なんですね。私も知りませんでした。もしかしたら、金融機関の話をうのみにする態度が私自身にもあったかもしれません。


金融機関や金融系アナリスト、金融系FPなどが、投資を煽る風潮と、投資をしてない人はファイナンシャルりれらシーがないという風潮は、時代の流れではありますけど、それはインフレに負けない程度の運用くらいで煽ってくれると、投資(投機)の失敗で苦しむ人が減らないかなと感じてます。
(すみません、記事から脱線してしまいました。)

支出のコントロールは、投資戦略の1つであると「投資戦略の発想法」では書かれています。
節約って言葉で終わるのではなく、もっと戦略的にやることで、むちゃな投資をしなくて済むって視点が、「投資戦略の発想法」にはあると思っています。

そういう意味で、貯蓄率は大切だとうさみみも思います(^^♪


実は、前回のコメントをドキドキしながら書きました。
(今回もですが…)
そんな中でとりあげてくださったこと、ありがたく思っています(^^♪

こんにちは。

私の場合も、うさみみさんと同じく、住宅ローンはありません。しかも、独身なので子どももいません。だから、あまり意識しなくても貯蓄率は上がるのでしょう。

>「10年で倍になるアセットアロケーションが普通に存在するのか?」と疑問に感じていました。

実は、これは私も感じていました。年複利計算で 7.2%/年、税金を考えると、9%/年程度で運用する必要が出てきそうです。少なくとも、私には無理っぽいなぁ...と思っていました。でも、良く見てみると、種銭だけでも相当あるのでビックリしたというしだいです。

Ryuさん

税金を考えると、8-9%程度の運用が必要になりますが、これは、ほぼフルインベストメントの状態ですね。それでOKだという考えもあるようですが、どちらかというと、他人のお金だから無責任にそのようにいっているという場合が多いように感じます。

10年で倍になるアセットアロケーションについては、別途記事で検討していきたいと思います。

うさみみさん

インデックス投資仲間のブログを読んでいると、皆さん貯蓄率が高そうです。逆に、貯蓄率が高いからインデックス運用でもOKといえるのかもしれません。

節約って言葉で終わるのではなく、もっと戦略的にやることで、むちゃな投資をしなくて済むって視点が、「投資戦略の発想法」にはあると思っています。
→おっしゃるとおりですね。自分でコントロールできるのは支出のみですので、ここを無視して、投資のリターンを上げようとすると、投資ではなく、投機になりがちだということでしょう。

私自身、「投資戦略の発想法」を基礎にした資産運用をしているのは、海外投資は投資の応用編なので、なおさら、普遍的な戦略に基づくべきだと考えているからです。

急なお願いで申し訳ありません。

うさみみも海外投資をやっていますが、投資のすべての要素が絡んでいるし、税制などの知識もさることながら、「足もとがふらつくことが許されない投資」になりますもんね(^^♪

PALCOMさんのブログは考える機会をいつも与えてくださって感謝しています。
そんな中で、うさみみにからんで、PANCOMさんが気付きを得られたことを嬉しく思います。


うさみみにとって、このブログは一種のあこがれをもって読ませていただいてきました(^^♪


大変あつかましいおねがいなんですが、相互リンクをおねがいできませんでしょうか?

それが叶わなくても、うさみみのブログにここのリンクを貼ることを許可していただけませんでしょうか?

急なお願いですが、よろしくご検討願います(^^♪

私自身、「投資戦略の発想法」を基礎にした資産運用をしているのは、海外投資は投資の応用編なので、なおさら、普遍的な戦略に基づくべきだと考えているからです。

すみません。
下2行にコピペが残っていました…おはずかしい。

うさみみさん

海外投資はリスク管理が難しいので、本ブログでは、ある程度、国内投資の経験を積んでから始めることをお勧めしています。

あこがれていただくほどのレベルではないのですが、真面目に長期海外投資をしようとするのであれば、このブログに書かれている程度の知識は絶対に必要だと思います。そういう意味で、破綻本などは、小船とオールだけで、外洋にクルージングさせるようなものですね。

相互リンクの件、もちろんOKです。リンクさせていただきました。

相互リンクの件、快諾いただいてほんとに嬉しいです。
うさみみのブログでもリンク張らせていただきます。

海外投資は、しっかり勉強していきたいと思っています。
今後ともよろしくおねがいします(^^♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「60歳で1億円」に対する1つの検証

人生設計では、「いつまでにいくら」という目標をたてるのが一般的です。うさみみがいつも勉強させていただいているPALCOMさんのブログで、「サラリーマンが60歳の時点で1億円を貯めることは可能か?」というテーマで2回に別けて取り上げられています。3回目を期...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。