プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの銀行口座の後始末

アメリカから帰国する前に現地に開設した銀行口座をどうするかが問題となりました。

銀行口座を直ちにクローズすると、未決済の電気料金などを支払えなくなりますが、ある行員は、帰国するときには銀行口座をクローズしなければならないといっていました。

しかし、その後、帰国直前に別の行員に相談したところ、別に銀行口座をクローズする必要はないといっていました。それどころか、預け続けておいてはどうかと、積極的に薦めてくれました。非居住者の口座の扱いは、行員もよく分かっていないことがあり、行員ごとに言うことが違うのは珍しくありません。

まず、帰国前日に、普通預金口座に残っているお金の一部を引き出し、残りを当座預金口座に移して、普通預金口座はクローズしました。現金での持ち込み・持ち出しは、アメリカ・日本での申告が不要な額に留めます。

次に、当座預金口座にあるお金をシティバンクに海外送金して、当座預金口座をゼロにしました。当座預金口座は、小切手の支払いがあるので、帰国時点ではクローズできません。他方、インターネットでの操作では海外送金できないといっていたので、その時点で当座預金口座にあるお金は、全額海外送金してもらいました。その後、請求書がアメリカから日本に転送されてきて、小切手での支払額が確定した段階で、HSBCからアメリカの銀行口座に海外送金します。HSBCからアメリカの銀行口座への海外送金はネットでできますので、簡単です。

その後、口座をクローズしたい場合には、担当者にメールを寄越してくださいといっていたので、クローズを指示するメールを送信して、手続きは終了します。現地で身分を予め証明してあり、事情も話してあるので、メールでの指示でよいといっていました。


スポンサーサイト

<< 分散投資を難しく感じる理由 その1 | ホーム | デフレ下での長期株式投資について考える その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。