プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名コメントを振り返る その1

ブログを続けていると、優れたコメントをお寄せいただくことがあります。本ブログのような文字ばかりのブログを読んでいただいている方の知的レベルは高いはずであり、そのような方のコメントをコメント欄や過去の記事に埋もれさせておくのはもったいないと思い、相互リンク先の記事やコメントの中で、私の好きなコメント・言葉をご紹介させていただくことにしました。正確に再現できなかったものもありますが、ご了承ください。

企業も国民も、無能よばわりしている政府を頼っている。
(相互リンク先のカルロス・ハッサンの今日の一言より)

(600円超の下げで始まった2008年度の東証について)「波乱」の幕開けというのはおかしい。「波乱」というのは、予測できない出来事という意味だから。
(相互リンク先のオフショアな海外投資日記より)

私は、子供命の人間です。子供の将来を考えると、彼らを無能な政治家の跋扈する日本の連帯保証人にする事が耐えられない。
(早期リタイアしてオーストラリアに在住されているADPさん)

投資が自己責任という表現は不正確だ。人生そのものが自己責任というべき。
(相互リンク先の貯金生活・投資生活より)

(岩国米軍基地移転問題に関する橋本大阪府知事の発言に関連して)カネには道理がつきものでございます。
(岩国市在住のファイナンシャルプランナー、sakuraさん)

株式投資の品格以前に、「他人のふところを当てにする人間」の品格がまず問われなければならない。
(PALCOMの海外投資塾より)


スポンサーサイト

<< 後期高齢者医療制度について | ホーム | 専業主婦の労働価値 その1 >>


コメント

ご紹介ありがとうございます

PALCOMさん

Blog「オフショアな食日記」のスマイリーです。笑
該当日記は下記です。

日本株式市場「大発会」は本当に波乱の幕開けか? 2008年01月04日
http://blog.livedoor.jp/smiley_shanghai/archives/50928427.html

今年は各国、各セクターともに不安定な状態が続いていますが、
まあこういう年もあるでしょう。

今後も誤字脱字、2重投稿等には注意してBlogを続けて行きたいと思います。

スマイリーさん

結果が予想された場合には、「波乱」といいませんね。

あとは、職業選択の自由などの権利は何のためにあるのかという記事もあったように記憶しています。

中国人だけの職場で働いており、資産運用も香港で行わざるを得ないスマイリーさんから見ると、日本国内で転職することや、国内の証券会社を通じて資産運用することなどは、何でもないことのように思えるのではないですか?

確かにありました

日本人は世界的に見て「庶民」になってしまったのか?
http://blog.livedoor.jp/smiley_shanghai/archives/50932047.html

上記の日記のコメントの中でそんなこと書いていましたね。

資本主義ですから多少の格差はしょうがないですよ。
その為に職業選択の自由があるのです。
引越しも自由。
海外にも制限なく自由に行ける。

地方がダメなら、都会へ、日本がダメなら海外へ
自分の足で行けばいいのです。
いつまでも政府が何とかしてくれると思ったら大間違いです。

なかなか元気な内容を書いていました。

私個人的には下記のコメントが好きです。

「二流の条件(報酬)には、二流の企業(人)しか集まらない。」

つづき

>中国人だけの職場で働いており、資産運用も香港で行わざるを得ないスマイリーさんから見ると、日本国内で転職することや、国内の証券会社を通じて資産運用することなどは、何でもないことのように思えるのではないですか?

やはり海外で生活していると、「転職」ということには
全く抵抗を感じなくなります。
現地社員が入れ替わり、立ち代り転職するのを間近でみる機会が多いからかもしれません。
また今の日本企業にしがみつくMeritもないかもしません。

「国内の証券会社を通じて資産運用」については
日本語による日本語のservice、何をためらうことがあるのでしょうか?
分からないことがあれば直接聞けば良いことです。
日本の他にこれほど一般客(低所得層)に至れり尽くせりの国はありません。

それ故、富裕層へのPremier Serviceに魅力を感じなくなるのかもしれません。
差が出し難い。

日本の他にこれほど一般客(低所得層)に至れり尽くせりの国はありません。 それ故、富裕層へのPremier Serviceに魅力を感じなくなるのかもしれません。
差が出し難い。
→これは、そのとおりなのでしょうね。相談業務とか、無形のサービスは無料だというのが一般的であれば、Premier Serviceで差をつけるのが難しくなります。そういえば、日本のサービス業が一般客に「至れり尽くせり」のサービスを提供しているという事実が、皮肉なことに、日本のサービス業の労働生産性を著しく下げているという記事を読んだことがあります。また、本文記事で取り上げたいと思います。いつも、記事のネタをありがとうございます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。