プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港BOOM証券口座のsuspend(一時停止)が解除されました-日本語で電話がかかってきました

suspend(一時停止)されていたBOOM証券の口座が無事に復旧しました。

BOOM証券口座のパスワードは、定期的に変更が強制されることになったのですが、運悪く、強制変更の時期と、私の米国からの帰国時期が重なってしまい、期間内にパスワードを変更することができませんでした。BOOM証券は、わざわざ、届け出てあった日本の電話番号に電話してくれたそうなのですが、届け出てあった日本の電話番号は既に使用できない状態で連絡がとれなかったそうです。このため、定期的なパスワードの変更を行ったという理由で、口座がsuspendされてしまいました。かなり運が悪かったといえます。


日本に帰国してから香港のBOOM証券に電話しましたが、電話だとidentity(身元確認)の問題があるので、新しい電話番号などを記載した書類をBOOMに郵送してほしいということでした。連絡先の変更を届け出る書類は、BOOM証券のホームページからダウンロードできます。連絡先の変更はオンラインでもできるかもしれませんが(HSBC香港は可能)、今回の事例では、そもそも、ログインできませんから郵送するしかありません。

以前、相互リンク先の梅屋敷商店街のランダムウォーカーの水瀬さんが海外証券口座を開設しない理由として、連絡先変更の手続きの困難さを挙げておられましたが、連絡先の変更そのものは特に難しくありません。ただ、確認のための電話がかかってくることが多いと思いますので、奥さんが嫌がるかもしれません。「携帯にかけてください。」とレターに記入しておきましょう。

今回も、サイン入りの連絡先変更届をEMSで香港に送付した後(概ね2日で着きます。)、BOOM証券から確認と説明の電話が入りました。何とそれが日本語の電話でしたので驚きました。やはり、それだけ利用者が増えているということなのでしょう。

誕生日などの質問で身元を確認した後、指定のメールアドレスに暫定パスワードを送ったので、それを使ってloginして欲しいということでした。暫定パスワードを使ってloginすると、現在のパスワード(=暫定パスワードのこと)と現在のキーコード(=第二パスワード)を変更する画面が現れたので、変更しました。この入力した新しいパスワードを使って、無事loginすることができました。

久しぶりにloginしましたが、手持ちの株式・ファンドの価格推移は今一つでした。ただ、oilに投資するファンドや白金採掘会社の株価が顕著な値上がりをしているので、ポートフォリオは、しぶとくプラスを保っています。

相互リンク先でも、海外証券口座を検討されている方がおられますので、参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

<< デフレ下での長期株式投資について考える その4 | ホーム | 後期高齢者医療制度について その4 21世紀の死因トップは癌ではなくなる? >>


コメント

こんにちわ
私は住所ほったらかしにして
いまから書類だすとこです
とほほ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。