プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日

今日は、終戦記念日です。

イデオロギー上の争いもありますし、まして身内に戦死者がいた場合には、第二次世界大戦からの教訓を冷静に考えることは難しいかもしれませんが、私が考える最も本質的な教訓は、「結局、頭の差で負けたのだ」ということ、もう1つ修飾語を加えるのであれば、「結局、トップの頭の差で負けたのだ」ということです。

東条英機の開戦のときの言葉が、「人間たまには、清水の 舞台から飛び降りる覚悟が必要だ」というものであったことは有名な話です。

西欧流の合理主義も万能ではないですが、民主主義や資本主義を発明し、科学力を蓄えていった西欧諸国が覇権を握っているのは偶然ではないはずです。

もし、「結局、トップの頭の差で負けたのだ」というのが本質的な教訓であるとするのであれば、戦死者は無駄死にであったということになります。
スポンサーサイト

<< 小さな政府vs.大きな政府 その1 | ホーム | 不景気のときには無駄な公共事業でもないよりましなのか? その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。