プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Pegasus Auto Loan Fundについて

一昨日、懇意にさせていただいているFAを交えて久しぶりに飲み会を行いました。

自分が保有しているファンドのなかでは、アメリカのサブプライムローン(不動産ではなく自動車ローン)に投資するファンドのパフォーマンスが若干気にかかっていたのですが、現在のところ、それほどの影響はないようです。

FAからもらったPerformance Sheetによると、Default Rateは、8.49%となっており、昨年(07年)8月のサブプライム問題の開始からほとんど変化していません。もともと、サブプライムローンなので、Default Rateが相対的に高いのは止むを得ません。Recovery Rateが約80%となっています。自動車ローンによって購入した自動車が担保となっているので、担保の売却などによって自動車ローン債権を回収しますが、約80%を回収しているということでしょう。Recovery Rateも、サブプライム問題前後を通じてほぼ不変です。なお、自動車にはGPSが付けてあるので、自動車ごと逃げても無駄だそうです。

Fact Sheetによると、Standard Deviationは2.79%です。債券に投資するファンドなので、Standard Deviationは低いです。

リターンですが、約定のDividend Rateは3% of the NAV of previous quarterで、4半期ごとに分配されます。quarter当り3%なので年換算すると年利12%、月換算すると月利1%です。なお、前回の四半期のNAVの3%であって、当初元本の3%ではないので、一定額の分配金が保証されているわけではないですし、もちろん元本保証ではありませんが、NAV自体の変化が乏しく、現在のところ実質的に元本に対して年利12%(quarter当り3%)の利回りで回っています。

サブプライムローンなので、もちろん、リスクは承知の上でしたが、思いの外、不動産のサブプライム問題の影響を受けておらず、ひとまず安心といったところです。アメリカは車なしでは生活できないので、割とまじめに返済するらしく、投資対象を見極めれば、高い利回りを得ることは不可能ではないということなのでしょう。もっとも、今後、Default Rateが増えたり、中古車価格が暴落したりする可能性もありますから、分散投資を心がけるべきことは言うまでもありません。
スポンサーサイト

<< アメリカ人にとっての海外投資 その1 | ホーム | 政府資産があるから財政危機ではないのか その4 >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。