プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分より金持ちに相談する

相互リンク先の「貯金生活。投資生活。」に、ファイナンシャルプランナーに投資の相談をしようと思わない理由という記事が掲載されていました。「果たして1億円というお金を持ったことがない人が、本当に1億円以上のお金の相談に適切に答えることができるのだろうか?」という疑問です。

元銀行員の横田濱夫氏の著作「200万円から始めるお金持入門」にも、同様のことが記載されています。「人にお金のアドバイスを求める際、肝心な鉄則がある。それは、常に「自分よりたくさんカネを持ってる人に相談すべき・・・教科書的な、とおりいっぺんのことは言えても、琴線に触れるような上質のアドバイスは、絶対できやしない。」(p.66-67より)

コメント欄には、ファイナンシャルインテリジェンスがあれば、自分より金持ちにもアドバイスすることは可能であるという趣旨のコメントがあります。もちろん、ファイナンシャルインテリジェンスがない金持ちに相談するよりはましでしょうが、「教科書的な、とおりいっぺんのことは言えても、琴線に触れるような上質のアドバイス」ができるかどうかという見地からすると、単にファイナンシャルインテリジェンスがあるだけでは十分ではないわけです。ファイナンシャルインテリジェンスがなさ過ぎる人が多いために、まずは、教科書的なアドバイスが必要であるケースが多いですが、基礎的なファイナンシャルインテリジェンスを持った相談者がプラスαのついたアドバイスを求めるようなケースでは、実体験がないと、それに応えることは難しいのではないかという疑問を払拭することができません。

また、運用の相談でなく、節約術についても同様のブログ記事を読んだことがあります。年収700万円超の家庭を念頭に置いた節約術は、年収300万円の家庭では当たり前すぎて使えないそうです。

これらのことは、人気ブログランキングにも現れており、人気トップのブログは普通の個人投資家であることが多いように思います。やはり、実体験に基づく教科書的でない助言がそこに含まれているからではないでしょうか?
スポンサーサイト

<< HSBC香港の口座開設に英語力が不要となりました | ホーム | 政府資産があるから財政危機ではないのか? その5 >>


コメント

>常に「自分よりたくさんカネを持ってる人に相談すべき

ホントにそうですね。実践から得たことがいかに大事かは経験しないと分からないですものね。

人気ブログランキングの下りも、アクセス数を順調に伸ばすブログも、きっと、体験談が満載なんでしょう(^^♪


相談する人にもよるでしょうが、ある程度、投資知識がある方なら、教科書的なアドバイスでは満足できないと思われますので、そういう場合には、実践経験がある方に(もちろん、基礎的なファイナンシャルリテラシーがあることが前提になりますが)相談すべきだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。